2013-03-08

ビッグベン(Big Ben)の内部。

米国の雑誌「TIME」は、世界で最も敬愛されている時計を紹介した。

[AD] You can advertise on this site.

人間が難解な概念を説明するため、数世紀を通じて発展させた、すべての方法の内、おそらくもっとも上品なものは時計であると言っている。

目に見えない時間を、人に見えるようにした時計の功績は大きい。
また、目に見えない音を目に見えるようにしたのは、楽譜であった。

現代のすべてをデジタルで覆い隠そうとするとき、ビッグベンは、世界を代表するアナログ時計の顔でもある。

時間、分、秒 - 人々が何年も時間の経過を測定し、その測定はすべて、完全に任意の構成物かもしれない。
しかし、古典的丸時計顔の不思議な単純性は、時間の追跡によって、私たちがそれをなんとかして管理することができるという慰めになる錯覚を提供する。

それを恐らくコントロールすること。

また、世界中の人の中のすべての時計の顔のうち、確かに、どれも非常に有名でなく、暖かくロンドンのビッグベンと見なされない。

それは、愛称「ビッグベン」が時計台の内部の大きなベルを最初に指したことにここで注目する価値がある。
しかし、その数年が過ぎるにつれて、今、それがウェストミンスター宮の北端の上の全タワーおよび時計構造を参考文献として載せるように、名称が広げられた。

そして、TIMEは、夏時間へのアプローチとして、テムズのそばの壮大な古いベル、時計およびタワー、私たちの集合的・個々の過ぎる瞬間をなんとかして測定する、永遠の人間の望みに敬意を払った。

ビッグベン(Big Ben)のGoogle Earthポインター情報
51°30'2.54"N,0° 7'28.47"W
または、
51.500706, -0.124575

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.