gaYa広告

2013年03月08日

南極の氷ボリュームが測定された。

BBC Newsは、科学者は、南極大陸で氷の量のための最良の測量で観測していると報告した。

50年間の調査の間に収集されたデータの詳細解析は、白い大陸が約26〜50万立方kmを含むことを示した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それは巨大なボリュームです、またある種のコンテキストにそれを入れること
もしこの氷がすべて液体水に変換されれば、世界の海洋の高さを58m上げることは十分可能と言っている。

これらの数字はBedmap2という国際的なプロジェクトから出て来た。

14カ国をベースに置いた35の機関の60人の科学者を含んでこの大規模な協調的努力は、南極大陸の基本の統計のうちのいくつかをよりきつく制約しようと努力した。

Bedmap2の氷のボリュームのための新しい図は以前に考えられたより4.5%多い。

興味深いことには、海面上昇等価物は過去の評価とはあまり異なっていない。

これは、余分な氷がほとんど現在の水線以下に位置すると示されるからで、それは、もしそれが溶ければ、既に置き換えられていたボリュームを著しく増さないということである。

この情報をすべて表示する1つの方法は、このページの一番上に見られた厚さ地図にある。

それは、きれいに南極大陸をカバーする氷床の広大な目盛りを説明している。

最も厚いポイントが天体観測儀の氷河下の洗面器と呼ばれる場所にあります。

そこで、氷のカラムは厚さ4,776mである。

原則として、もし大陸の岩床の形および重なる氷の高さを知っていれば、他方から引くことで、上記の地図を与えることは十分に簡単であった。

Bedmapコンソーシアムの一部であるBAS(British Antarctic Survey英国南極研究所)のピーター・フレットウェル(Peter Fretwell)が、「多くの異なるタイプのデータはサブ氷表面を構築するために使用されました。」といった。

「これらは、
radio-echo sounding data from airborne
ground based sources, seismic surveys, swath
gridded bathymetric data,
satellite elevation data,
pre-gridded elevation datasets,
contour data from rock outcrops,
glacier profiles,
grounding lines
visual interpretation of the ice sheet-ice shelf interfaceのデータを含んでいます。」

「氷厚モデルは単独で2500万の個々の測点を使用します。」と彼がBBCニュースに伝えた。

これらのデータは、Cryosphereジャーナルの中で公表された。

これは、2001年に公開されたBedmap1のデータの最新版である。
それは、白い大陸の将来の気候変化に対する反応をモデル化しようとする誰ものための本質的な基線情報になる。
Bedmap1への比較では、Bedmap2のために計算された氷の全容積は、2654万cu kmまで120万cu km上昇した。

あなたが海洋へ突出する氷の浮かぶ棚を含めば、合計はほぼ2700万cu kmになる。

しかし、Bedmap2に利用可能な新しいデータから、155mから下降して、に、海面の95m上に、岩床の中間の高さが以前に理解されたより本質的に低いことは今明らかになっている。

The Cryosphere, 7, 375-393, 2013
www.the-cryosphere.net/7/375/2013/
doi:10.5194/tc-7-375-2013
© Author(s) 2013. This work is distributed
under the Creative Commons Attribution 3.0 License.

Bedmap2: improved ice bed, surface and thickness datasets for Antarctica

P. Fretwell1,*, H. D. Pritchard1,*, D. G. Vaughan1, J. L. Bamber2, N. E. Barrand1, R. Bell3, C. Bianchi4, R. G. Bingham5, D. D. Blankenship6, G. Casassa7, G. Catania6, D. Callens8, H. Conway9, A. J. Cook10, H. F. J. Corr1, D. Damaske11, V. Damm11, F. Ferraccioli1, R. Forsberg12, S. Fujita13, Y. Gim14, P. Gogineni15, J. A. Griggs2, R. C. A. Hindmarsh1, P. Holmlund16, J. W. Holt6, R. W. Jacobel17, A. Jenkins1, W. Jokat18, T. Jordan1, E. C. King1, J. Kohler19, W. Krabill20, M. Riger-Kusk21, K. A. Langley22, G. Leitchenkov23, C. Leuschen15, B. P. Luyendyk24, K. Matsuoka25, J. Mouginot26, F. O. Nitsche3, Y. Nogi27, O. A. Nost25, S. V. Popov28, E. Rignot29, D. M. Rippin30, A. Rivera7, J. Roberts31, N. Ross32, M. J. Siegert2, A. M. Smith1, D. Steinhage18, M. Studinger33, B. Sun34, B. K. Tinto3, B. C. Welch18, D. Wilson35, D. A. Young6, C. Xiangbin34, and A. Zirizzotti4
1British Antarctic Survey, Cambridge, UK
2School of Geographical Sciences, University of Bristol, UK
3Lamont-Doherty Earth Observatory of Columbia University, Palisades, USA
4Istituto Nazionale di Geofisica e Vulcanologia, Rome, Italy
5School of Geosciences, University of Aberdeen, UK
6Institute for Geophysics, University of Texas at Austin, USA
7Centro de Estudios Cientificos, Santiago, Chile
8Laboratoire de Glaciologie, Universit? Libre de Bruxelles, Brussels, Belgium
9Earth and Space Sciences, University of Washington, Seattle, USA
10Department of Geography, Swansea University, Swansea, UK
11Federal Institute for Geosciences and Natural Resources, Hannover, Germany
12National Space Institute, Technical University of Denmark, Denmark
13National Institute of Polar Research, Tokyo, Japan
14Jet Propulsion Laboratory. California Institute of Technology, Pasadena, USA
15Electrical Engineering & Computer Science, University of Kansas, Lawrence, USA
16Stockholm University, Stockholm, Sweden
17St. Olaf College, Northfield, MN 55057, USA
18Alfred Wegener Institute, Bremerhaven, Germany
19Norwegian Polar Institute, Fram Centre, Troms?, Norway
20NASA Wallops Flight Facility, Virginia, USA
21College of Science, University of Canterbury, Christchurch, New Zealand
22Department of Geosciences, University of Oslo, Norway
23Institute for Geology and Mineral Resources of the World Ocean, St.-Petersburg, Russia
24Earth Research Institute, University of California in Santa Barbara, USA
25Norwegian Polar Institute, Tromso, Norway
26Department of Earth System Science, University of California, Irvine, USA
27National Institute of Polar Research, Tokyo, Japan
28Polar Marine Geosurvey Expedition, St.-Petersburg, Russia
29School of Physical Sciences, University of California, Irvine, USA
30Environment Department, University of York, Heslington, York, YO10 5DD, UK
31Department of Sustainability, Environment, Water, Population and Communities, Australian Antarctic Division, Hobart, Tasmania, Australia
32School of Geography, Politics and Sociology, Newcastle University, Newcastle upon Tyne, NE1 7RU, UK
33NASA Goddard Space Flight Center, Greenbelt, USA
34Polar Research Institute of China, Shanghai, China
35Instituite for Crustal Studies, University of California in Santa Barbara, USA
*These authors contributed equally to this work.

Abstract. We present Bedmap2, a new suite of gridded products describing surface elevation, ice-thickness and the seafloor and subglacial bed elevation of the Antarctic south of 60° S. We derived these products using data from a variety of sources, including many substantial surveys completed since the original Bedmap compilation (Bedmap1) in 2001. In particular, the Bedmap2 ice thickness grid is made from 25 million measurements, over two orders of magnitude more than were used in Bedmap1. In most parts of Antarctica the subglacial landscape is visible in much greater detail than was previously available and the improved data-coverage has in many areas revealed the full scale of mountain ranges, valleys, basins and troughs, only fragments of which were previously indicated in local surveys. The derived statistics for Bedmap2 show that the volume of ice contained in the Antarctic ice sheet (27 million km3) and its potential contribution to sea-level rise (58 m) are similar to those of Bedmap1, but the mean thickness of the ice sheet is 4.6% greater, the mean depth of the bed beneath the grounded ice sheet is 72 m lower and the area of ice sheet grounded on bed below sea level is increased by 10%. The Bedmap2 compilation highlights several areas beneath the ice sheet where the bed elevation is substantially lower than the deepest bed indicated by Bedmap1. These products, along with grids of data coverage and uncertainty, provide new opportunities for detailed modelling of the past and future evolution of the Antarctic ice sheets.

Final Revised Paper (PDF, 6186 KB) Supplement (204 KB) Discussion Paper (TCD)

Citation: Fretwell, P., Pritchard, H. D., Vaughan, D. G., Bamber, J. L., Barrand, N. E., Bell, R., Bianchi, C., Bingham, R. G., Blankenship, D. D., Casassa, G., Catania, G., Callens, D., Conway, H., Cook, A. J., Corr, H. F. J., Damaske, D., Damm, V., Ferraccioli, F., Forsberg, R., Fujita, S., Gim, Y., Gogineni, P., Griggs, J. A., Hindmarsh, R. C. A., Holmlund, P., Holt, J. W., Jacobel, R. W., Jenkins, A., Jokat, W., Jordan, T., King, E. C., Kohler, J., Krabill, W., Riger-Kusk, M., Langley, K. A., Leitchenkov, G., Leuschen, C., Luyendyk, B. P., Matsuoka, K., Mouginot, J., Nitsche, F. O., Nogi, Y., Nost, O. A., Popov, S. V., Rignot, E., Rippin, D. M., Rivera, A., Roberts, J., Ross, N., Siegert, M. J., Smith, A. M., Steinhage, D., Studinger, M., Sun, B., Tinto, B. K., Welch, B. C., Wilson, D., Young, D. A., Xiangbin, C., and Zirizzotti, A.: Bedmap2: improved ice bed, surface and thickness datasets for Antarctica, The Cryosphere, 7, 375-393, doi:10.5194/tc-7-375-2013, 2013. Bibtex EndNote Reference Manager XML

私は昔、講談社のある百科事典のために、極地研究所に通って、極点を中心にした南極の立体地図を作ろうとしたが、すべてが部分で、全体的なデータがない。
あったのは、かなりいい加減なデータばかりであった。
それでもなんとか、南極大陸の岩盤地図をつなぎ合わせたが、南極の氷は、夏と冬では大きな差があり、極地研究所の研究員に問い合わせても、判らない、知らないの一点張りで、困ったことがあった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。