on-the-time.jp

2013年03月03日

カルカッタで、過去100年で史上最低の気温を記録した。

BBC Newsは、インドの都市カルカッタ(Calcutta)で、1世紀で最低の気温になり、寒いため、住民は体中にあらゆるものを巻き付けていると報告した。

この寒さの結果は、俗に猿帽子(the monkey hat)と呼ばれる「de rigueur」が都市を襲ったと考えられている。

新聞が通常より、2時間も遅れて届き、BBCの特派員が、なぜ遅れたのか問いただすと、
「誰も寒いので、この朝は早く起きることができません。なぜ新聞を必要とするのですか。流れに身をまかせてください。」と言う返事が返ってきたと伝えている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

少なくとも、彼がそう言ったと思った、BBCの特派員もあらゆるものを巻き付けて、耳をその覆いによってほとんど聞くことができなかった。

インドについて考える場合、熱について考える。
それは国の温度、あるいはその食品か熱でどうか。

では、ここの人々は、どのように冬に対処するか。

それは地域ごとで、変わるい。

BBCの特派員が、インド南部から友達に尋ねた時、彼らが笑った。
「私たちは冬を過ごさず、常に暑い。」

気温が、実際に下がるデリーより北の家族は、肩をちょうどすくめて、
「私たちは、それに慣れています。」
と言った。
さらに、彼らは、寒い数か月を通じて、時々少量を超えるものいるが、寒さに耐えるために少量のブランデーを飲む。

しかし、ここカルカッタでは、東部とは異なる反応がある。

今年の冬は、水銀が9度C(48度F)まで落ち、過去100年間で最も寒い日があった。
だが、それは、ロンドンあるいはニューヨークではさわやかである。

カルカッタは「喜びの都市」として知られています。

しかし、その日に、そのほとんどがインドの旧首都になかった。BBCの特派員は、「私を信じてください。』と言っている。

また、世界で最も大きな都市のうちの1つの一帯で、母親が半狂乱で、彼らの子どもたちに「Toopi por、thanda lege jabe(帽子をかぶる、そうでなければ、風邪をひくだろう。)」と、伝えることを聞くことができた。

公平なために、温度が20度C(68度F)くらい高い場合さえ、それらが使用することができるのは句である。

温度計が、12月から、人々がここでNILbeする(すべてを包み始める)、2月まで、帽子を被ったままにする。

また、それらは時代遅れのものをただかぶるわけではない。
それは、「猿キャップ(monkey cap)」でなければならない。

そう言えば、スリランカと南インドで、日本人が持っていたすり切れたような日本製に毛布と、毛糸のセーターを見つけ、売ってくれとせがんでいた。

スリランカや南インドで、毛布と、毛糸のセーターが必要なのかと聞くと、冬は寒いと言っていたが、20度以上あった。

2013-02-27---また、カルカッタで、不法市場が致命的な火災に襲われた。
2013-02-18---1970年代のカルカッタ。
2013-01-31---インドは「文化的緊急事態」に直面しているか?
2013-01-09---インドの通りで、少女が盗まれた!
2012-10-13---インドの少女達。
2012-09-15---インドで最古のオークション・ハウスの戦場。
2012-05-06---インドのチャイ文化小史、マハトマ・ガンジーは「麻薬」と呼んだ。
2012-03-22---インドのカルカッタで最も古い市場が火事!
2012-02-17---インドのカルカッタは、すべてブルーに塗られる!

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト