2013-02-24

ボヘミアの冬の王女。

BBC Newsは、ボヘミアの王女エリザベス(Elizabeth, Queen of Bohemia)は、その時代中で多いに実力の一人であったと報告した。

彼女は、その歴史における正当な位置にふさわしい、とリサ・ジャーディン(Lisa Jardine.)が主張する。

イギリスでもっとも強力な女性100人(UK's 100 most powerful women)の選択で、ラジオ4(ウーマンズ・アワー)(Radio 4's Woman's Hour)がパワー・リストの結果を発表した最近の出来事で、彼女を見逃したことにつて、すまなく思っていると言っている。

今大部分で、ボヘミアのエリザベスは忘れられて、代わりに別のものとして、オランダの出来事を選んでしまった。

1613年02月14日のバレンタインデーに、ロンドンのホワイトホール宮殿の王室礼拝堂(Royal Chapel at Whitehall Palace in London)で結婚式を挙げている。

花嫁は、ジェームズ1世(James I)の16歳の娘エリザベス・スチュアートプリンセス(Princess Elizabeth Stuart)であった。

花婿は、ドイツのパラティネートの領域の相続人(German Palatinate territories)、およびプロテスタント・プリンスのリーグの表題の長(titular head of the league of Protestant Princes)であった、やはり16歳のフレデリック5世(Frederick V)であった。

これは当時、非常にポピュラーなマッチで、ロンドンの通りにいる若いカップルに対する公の愛情の発露の機会であった。

ジョン・ダンは、この場合を記念するために公表された多数の浪費する祝婚歌、すなわち詩を結び付ける中のたった1人であった。

その結婚式は期待に応えた。
それは、その後「その浪費する時代でさえ、儀典および壮大の驚異」と評された。

花嫁は彼女の頭の上で「巨大な価値のある王冠」と共にタフタで並べられた銀の布を着ていた。

白いサテンを着た高貴な16人の花嫁に付き添う女性が彼女を列車に運んだ。

彼女のウエストまで、すべてのひだの間で掛けられた彼女の髪はそうでした「金のスパンコール、真珠、豊富な宝石およびダイヤモンドで飾られ、計り知れなく価値のある多くのダイヤモンドが、すべての見物人の目をさらにまぶしくし驚かし、彼女の袖に刺繍された。」

見たところ、彼女が誓約をしたとともに、エリザベスは思春期の笑いであった。

ほとんど2カ月間、カップルは首都で話題に供応された。

2人の新婚旅行は、マーゲート(Margate)からオランダのヴリシンゲン(Vlissingen in Holland)へ航海して、ハイデンベルグ(Heidelberg)の宮殿に到着した。

それらは、ハーグに到着した時、フレデリックは最高行政官の甥であった家族として歓迎され、2人がロンドンを後に残したことでも一緒に祝賀で迎え入れられた。

5日後にの彼女の出発では、エリザベスプリンセスに、£10,000(トゥデイズ・マネーで£100万以上)の値のタペストリー、ダマスク織り食卓用白布、テーブルウェアおよび家庭用品と一緒に宝石と真珠のコレクションが贈られた。

6年後の1619年末では、フレデリックとエリザベスは、王位を就くカトリックの現職者を防ぐためにボヘミア連合の招待で、現在のチェコ共和国の一部ボヘミアの国王夫妻(King and Queen of Bohemia)と認定された。
それは単に、プラハでそれらのコートから運転され、ハプスブルク帝国のファーディナンド(Hapsburg Emperor Ferdinand)によってそれらのすべてのパラティネートの国土(Palatinate lands)を翌年奪われることになる。

それらの統治が、一冬だけであったことから、「冬国王夫妻(Winter King and Queen)」と呼ばれ、オランダのハーグ(Netherlands, in The Hague)へ避難した。

フレデリックは1632年に死去した。
しかし、エリザベスは、彼女の甥チャールズ2世の回復の後、1661年に彼女が死の一年前にイングランドへ戻るまで、さらに30年間オランダ共和国に住み続けていた。