2013-02-24

景気回復用キーと見なされていた選挙で、イタリアの投票。

BBC Newsは、イタリア人は、ユーロ圏と同様にその経済問題に取り組む国の努力に重大であると見なされた総選挙で投票をし始めたと報告した。

2週間前に投票の禁止の前に公表された評価は、ピエル・ルイージ・ベルサニ(Pier Luigi Bersani)の中央左派連合にリードを与えた。

それは、シルビオ・ベルルスコーニ前首相(ex-Prime Minister Silvio Berlusconi)の率いる中央右派ブロックに先立つ数ポイントであると思われた。

彼は、ミラノで投票するとともに、それらになぐり書きされたバスタ・ベルルスコーニ(Basta Berlusconi/十分にベルルスコーニ)とトップレスの女性に対峙していた。

引退したマリオ・モンティ首相(Prime Minister Mario Monti)の率いる中道派連合は、さらに日曜日と月曜日に行われた選挙で走っていた。

また、そこに示唆された世論調査は、人気のあるコメディアンのベッペ・グリロ(Beppe Grillo')の反体制移動用の多数の投票者数になると予測されている。

ベルルスコーニの党がモンティのテクノクラシー政府の支援を取消しした後、選挙はスケジュールの2か月前に実施された。

投票は、広範囲の公憤を引き起こした悪性の不況および緊縮政策の中に起こっている。

さらに、それは、イタリア政府の特に調査の下の緊縮政策に対する将来の関与と共に、ユーロ圏で注意深く見られている。

ミラノの1つの投票所から出現して、投票者亜ティリオ・ビアンチェッティ(Attilio Bianchetti)はロイターに、
「私は、選挙から出現する政府が私たちの問題のうちのどれも解決できるだろうと確信していません。」と伝えた。

パレルモの公務員ルシアナ・リー・マンドリ(Luciana Li Mandri, a civil servant in Palermo)は、
「私たちは、私たちが働く場合に保護された仕事を得て、私たちが勉強する場合に、好意を得ることにすべて関係しています。それは私たちがそうである方法です。また、私たちは、そのような人々によってのみ同様に表わすことができます。」と言っている。

ミラノでは、ベルルスコーニ氏が投票するとともに、警察はトップレスの抗議者を遠方に引きずらなければならなかった。

3回の首相経験者は未成年の売春婦と税金詐欺と性別で告訴されて、2つの裁判に巻き込まれている。

さらに、彼は土曜日にテレビ・インタビューに応じたのために攻撃を受けた。
相手は、それはキャンペーン止の違反であると言った。

ベルルスコーニのオフィスは、それが投票の後の月曜日に放送されるであろうことを明示する合意でのみインタビューが与えられたと言った。

投票者マリア・テレサ・ゴッタード(Maria Teresa Gottardi)は、彼女がベルルスコーニにまだ投票しているとAFPに伝えた.
「私は、彼が欠陥を持っていることを知っています。しかし、彼は最上です。」

日曜日の最初の投票日に、イタリア中の投票は08:00(07:00 GMT)に開き、22:00に閉じる。

内務省からの情報によれば、最初の4時間で下院に投票したのは有権者の13.7%で、2008年の選挙での同じポイントから15.6%下降していた。

投票所は、月曜日の08:00に再び開き、15:00に閉じる。

第1の結果は初期の夜に期待される。

約4700万人の有権者が、議会の下院と上院を選んでいる。

選挙制度は連合を組むように政党を激励する一連のしきい値と共に、比例代表制と党のリストに基づいている。

ピエル・ルイージ・ベルサニのPD(Democratic Party/民主党)は、ほぼ35%で世論調査で一貫した先頭ランナーであった。

元共産党員のピエル・ルイージ・ベルサニは、モンティの改革を継続することを誓約しましたが、成長と仕事を促進するために現在のヨーロッパ政策をもっと行う必要があることを示唆した。

しかし、この数週間は、ベルルスコーニのPdL(People of Freedom/自由連合)の人々に対する彼の優位を狭くなることを見た。
それは緊縮政策に批判的であった。

ベッペ・グリロのM5S(Five Star Movement/5つ星移動)は、投票で第3位を走っていた。

BBCのアラン・ジョンストン(Alan Johnston)は、ローマで、その活動家が政界に対する完全な軽蔑を持っており、従来の政党に対する信頼をなくした多くのイタリア人と関係を持っている、と言った。

2013-02-23---ナポリは「選挙反乱」を行なうか。
2012-12-23---マリオ・モンティが、「イタリアをリードすることを可能にする。」
2012-12-10---モンティ辞職、ベルルスコーニ再来でイタリアの株価は最悪。
2012-10-27---ベルルスコーニは、モンティ政府を倒そうと脅した。