2013-02-24

北ロンドンで得られたBanksyのアート作品が、販売から下ろされた。

BBC Newsは、ロンドン通りから取られ、米国でオークションのためにリストされたBanksyのアート作品は、販売リストから下ろされた、ということをBBCは知ったと報告した。

今月の初めにWhymarkアベニューから見えなくなった、ユニオンジャックを突かせるミシンの上にうずくまる少年を描いたBanksyは壁である。

それが後で、マイアミのオークションで競売にかけられると予想された。
しかし、競売場は、販売が停止されたとBBCに伝えた。

絵が削除された場合、1つの、新しい壁が通りの壁に現われる。

削除されたその壁の奴隷労働(Slave Labour)は、先の5月、クイーン60年記念祭(Queen's Diamond Jubilee)をマークする祝賀直前に、北ロンドンのウッド・グリーン(Wood Green, north London)で壁に現われた。

それは先週末、Poundland店の側から消えて、マイアミのオークションで£450,000まで取って来ると予想された。

壁のBanksyが販売から下ろされたことをBBCは、AAM(Fine Art Auctions Miami)で確認した。

しかし、スポークスマンは、その撤回の理由を教えなかった。

それ以前に、ハリンゲー会議(Haringey Council)は、販売が土壇場で止められることをそれが知ったと言った。

ハリンゲー会議のリーダーであるクレア・コーバー(Haringey Council Leader Claire Kober)は、キャンペーンが「この美術品の販売が進むのを止めるのを支援した」ように見えたが「コミュニティーへの真実の信用である。」と言った。

「私たちは、それが属するコミュニティーへBanksyを戻すオプションをすべて調査し続けるでしょう。」と彼女が言った。

美術品のオークションが停止される前に、US$400,000でスタートする企てが作られたように見えた。

その、新しい壁は北のロンドン壁に現われた、修道服中の女性を描く、しかし、それがBanksyによる場合、知られていない。

BBCオクスフォード生産者アンディー・ゴードン(Andy Gordon)はハリンゲーのWhymarkアベニューへの最新の追加を折った土曜日に親類を訪ねていた。

「私たちは、壁でギャップを見るために、ちょうど行っており、他の何かが現われたことを理解して、驚いた、と思いました。」
「ウッド・グリーンにはそれに対する多くの愛情が明らかにありました。また、それらのBanksyが消えた時、多くの人々が非常に失望しました。」
彼は、新しい壁が、正確にBanksyアート作品と同じ場所に現われると言った。

地方の議員アラン・ストリックランド(Local councillor Alan Strickland)は、居住者が少年の壁のものの消失で実際に衝撃を受けて実際に驚いたのが真実だったと言った。

「Banksyは、私たちのコミュニティーにアートのその部分を与えました。また、人々はそれを見るためにロンドンの至る所でから来ました」と彼が言った。

Banksyの作品は、この数年にわたって多くの窃盗の中心になっていた。

2010年5月に、人が建物の前方にガラス窓を強打するために道路標識を使用した後、2個がロンドンのギャラリーから盗み出された。

1年後に、「精子アラーム(Sperm Alarm)」として知られている1片は、ロンドン中心部の中でホテルの壁からはぎ取られ、£17,000でeBayに現われました。

それは回復されなかった。

それは街の財産であり、アメリカで販売できるものではない。
明らかに盗品販売で利益を得ているので、eBayは、犯罪者になる。

FBIは、eBayを逮捕すべきである。

それとも米国は、盗品販売を容認しているのだろうか?

2009-05-12---ゲリラ・アーティストBanksyが暴露された!?
2009-06-25---日本でも増え始めた「ゲリラ・シール・アート」
2010-03-29---ロンドンの落書き戦争で損なわれたバンクシー・アートワーク。