on-the-time.jp

2013年02月18日

ロシアの科学者が隕石破片を見つけるとともに、「隕石ラッシュ」が始まった。

ロイターは、ロシアのウラル山脈に落ちてきた火の玉上に爆発した隕石は、ハンターが、1個何千ドルで売ることができることを望む宇宙岩の破片を見つけるために「隕石ラッシュ(Meteorite rush)」を誘発したと報告した。

金曜の爆破に続いて起こった衝撃波は、ガラス窓を粉砕し、約1,200人を負傷させ、約US$3300万の損害を引き起こした、と地方自治体が言った。

さらに、それは1,500km(950マイル)東方の工業都市チェリャビンスク(Chelyabinsk)のまわりで、モスクワのグループの人々は氷雪で捜索し、「隕石ラッシュ」を始めた。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

あるアマチュアの天文ファンは、塊が1グラム当たり金の現在原価の40倍以上66,000のルーブル(US$2,200)の価値があるかもしれないと推測した。

ロシアのアマチュアの隕石愛好者協会のメンバーであるドンミトー・カチカリン(Dmitry Kachkalin)は、
「価格はまだ言うのが難しい...より少数の回収される隕石の価格は、より高い。」と言っている。

ウラル連邦大学の科学者(Scientists at the Urals Federal University)は最初に、チェリャビンスクの近く、Chebarkul湖のまわりで53の小さく、不動で、黒い物体をテストし、小さな隕石確認されたと、重要な発見を発表した。

破片は、わずか0.5〜1cm(0.2〜0.4インチ)でした。
しかし、科学者は、金曜の爆発の後に開いた湖の氷の中の幅約8m(26フィート)火口は、より大きな部分が衝突したかもしれないと言った。

ウラル連邦大学との科学者でロシア科学アカデミーのビクター・グロコブスキー(Viktor Grokhovsky, a scientist with the Urals Federal University and the Russian Academy of Sciences)は、
「私たちはテストをちょうど終えて、Chebarkul湖のまわりで、私たちのエキスパートによって見つかった問題の石が実際に隕石であることを確認しました。」
「これらは、約10%の鉄含量を備えた普通コンドライト(chondrites/stony meteorites/石質隕石)として分類されます。」と彼がRIA通信社に伝えた。

彼は、断片が流星の起源について彼のチームに何も話したかどうか、言わなかった。そして、米国宇宙機関NASAが大気に入る前に直径55フィートで、およそ10,000トンの重さであったと推定した。

雪の廃棄物に衝突する前に、縞があった主な火の玉は、ロシアの宇宙機関Roscosmosによって毎秒約30km(19マイル)の速度で空を横切ったと言っている。

それは、産業軍需工場が詰められた地域の中心にあり、20,000人以上のお宝ハンターがチェリャビンスクおよびその周辺で、週末に探索および掃除オペレーションに参加した。

他の多くの人々がそのエリアにいて、科学者によって世紀の出来事と評されたものの後に隕石を単に見つけたいために、チェリャビンスクの近くの村の居住者は雪の通りを探索し、彼らが本物であると分かることを望んだ石を集めた。

しかし、すべてが、売る準備をしているとは限らなかった。

小さな黒い小石をしっかりと握るピンクの羊毛の帽子と冬ジャケットを着た女性は、国営テレビRossiya-24に、
「私はそれを保持します。なぜそれを売るのですか。私は豊富なライフスタイルを以前に持っていませんでした。そうすると、なぜ今スタートするのですか。」と伝えた。

インターネットは、彼らが隕石(Метеорит)であると言ったものを売ることを望む熱望しているハンターから1,000ルーブル(US$33.18)の広告で速く充も満した。

アイテムの確実性は確認するのが難しかった。

大きく、銀の色のついた岩の販売者はポータルAvito.ru上で広告している。
どれが本物か?判らない。

隕石鑑定団の能力は?

NASAも良質の隕石を探し始めている。

USGSでも観測していた。
M0.0 - Meteor Explosion Near Chelyabinsk, Russia
2013-02-15 03:20:26 UTC

2013-02-15---ロシア隕石目撃者は、「太陽のようなものが落ちました。」と言った。
2013-02-15---キューバでも、強力な隕石爆発を報告。
2010-03-04---「白亜紀第3紀間絶滅(KT絶滅)」の原因は、小惑星の衝突が原因。
2009-06-29---1908年6月30日朝7:17頃に起こった「ツングースカの衝撃」の謎解き!
2007-06-27---大隕石落下「Tunguskaの衝撃」から、100年!
1908-06-30 ---大隕石落下「Tunguskaの衝撃」が起こった。

USGSの隕石衝突波観測地点のGoogle Earthポインター情報
55.150°N 61.410°E depth=0.0km (0.0mi)
55° 9'0.00"N,61°24'36.00"E
または、
55.150000, 61.410000

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。