on-the-time.jp

2013年02月18日

バーボンの生産者は、アルコール度を回復。

AP通信は、顧客からの反発の後、バーボンの生産者メーカーズ・マーク(Maker's Mark)は、その有名なウイスキーのボトル中のアルコール量を削減する決定を撤回したと報告した。

メーカーズ・マークの最高執行責任者ロブ・サミュエルス(Rob Samuels, Maker's Mark's chief operating officer)は、その歴史的なレベルの製品のアルコール・ボリュームを45%、あるいは90の証明を回復していると日曜日に言った。

先週、それは、物不足のために、量を42%まで、あるいは84の証明まで低下させていたと言った。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ブランドの創立者の孫サミュエルス(Samuels, grandson of the brand's founder)が顧客の反応について「私たちは、先週から恐ろしく謙虚になりました。」と言った。

赤いろうの中で密閉されたその正方形ボトルで知られていたブランドは、要求に遅れずについていこうと努力した。

分配は圧搾された。
また、ブランドは、いくつかの海外市場への出荷を削減しなければならなかった。

日曜日の高音で会社は、その追随者について、
「話しました。私たちは聞きました」と言った。

ウイスキーのファンは、その動きを賞賛し、なぜまず最初に変わろうと会社が動きだすか質問した。

会社関係者は、多くの顧客からのフィードバックがTwitterとFacebookから来たと言った。

それらのサイトにおいては、日曜の変更に関するコメントが、もちろん自己満悦のことへの腹を立てたことから祝うことまでに及んだ。

メーカーズ・マークのFacebookページについてのステートメントは14,000以上を引き、「好きである」また日曜の発表の2時間以内の2,200のコメントがあった。

レシピの変化は、数千万ドルかかった会社の事業で進行中の拡張でバーボンの不足で始まった。

創立者の息子で、メーカーズ・マーク名誉会長ビル・サミュエルス(Bill Samuels)は、利用可能な製品を伸ばす間にバーボンの味を変更しないことに、会社がほとんど排他的に注目し、顧客が商標とその構成に対して持っている情緒的愛着を考慮しなかった、と言った。

ビル・サミュエルスは、会社が下手な修繕をしたと言った。
それは半世紀以上に、最初をバーボン・ブランドとマークし、古い、その証明またはアルコールのボリュームを変更した。

「私たちの焦点は供給問題上にありました。」
「それは解決に注目して、私たちに結びつきました。」
「私たちはそれを全く誤解しました。」
とビル・サミュエルスが言った。

ビルおよびロブ・サミュエルスの両方は、顧客反応が即決であると言った。

会社関係者は、バーボン不足で気分がどのように作られたかの変化より好ましいと「何千もの消費者」から聞いた、とビル・サミュエルスが言った。

ロブ・サミュエルスが、「それらはそれらの手製のバーボンが、どんな変化にも我慢するより、時々の物不足にむしろ我慢したい。」と言った。

「私たちは、大量の考えの後に実際に決定しました。また、私たちは間違ったものに注目しました」とビル・サミュエルスが言った。

メーカーズ・マークは、イリノイ州ディアフィールド(Deerfield, Ill.)に本拠があって、ビームインク(Beam Inc.,)によって所有されている。

その他のブランドはジムビーム・バーボン(Jim Beam)を含んでいる。

メーカーズ・マークは、ルイビルから45マイル南のロレット(Loretto, 45 miles south of Louisville)という小さな町の近くの蒸留所で作られている。

そのバーボンは、瓶詰めになる前に少なくとも6回の夏、7年間樽で老化されている。

メーカーの物不足はケンタッキー・バーボンで成長している一般の需要の中で来た。

先週数値を発表した国立同業組合Distilled Spirits Council(Distilled Spirits Council, a national trade association)によれば、生産者かサプライヤーから卸し売り業者までの総合したケンタッキー・バーボンおよびテネシー・ウイスキー販売は、昨年1690万ケースで5.2%上昇した。

収入は、7.3%急増し、US$22億になったと言った。

より小さなバッチの中で、より屈強な価格で一般に作られたプレミアム・ブランドは販売および収入収益をリードした。

ケンタッキー蒸留酒製造業者協会(Kentucky Distillers' Association)によれば、ケンタッキーは、世界のバーボン供給の95%を生産した。

490万バレルのバーボンが、ケンタッキーで老化されている。

Maker's Mark Distillery IncのGoogle Earthポインター情報
38°13'49.84"N,85°38'17.78"W
または、
38.230511, -85.638272

Maker's Mark Bourbon House & LoungeのGoogle Earthポインター情報
38°15'6.14"N,85°45'27.72"W
または、
38.251706, -85.757700

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告