on-the-time.jp

2013年02月18日

G20ステートメントで、円安の希望に火を付け、日本の株価は上昇。

BBC Newsは、G20グループの財務相が最近の円安に対して非難するために日本を名指ししないようにした後、日本の株価は上昇したと報告した。

インフレをかき立てる日本の努力の中で日本円は、11月以来ずっと米ドルに対してほぼ15%下がった。

G20からの批判が、その積極的なスタンスを変更するように日本に促すかもしれないという懸念があった。

恐れは、それが再び上昇する円に帰着し、成長に拍車をかける日本の計画を傷つけるであろうということであった。

日経225インデックスは、2%上昇した。
その間に、日本円は弱まり続けた。
それは米ドルに対して0.6%下落して94.12円になった。
さらに、それは、初期のアジアの貿易でユーロに対して125.50円まで0.5%急落した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

アナリストは、土曜日のモスクワでの会合の終わりに、G20コミュニケで日本の最近の円の動きを支持すると言った

この政策は、日本銀行に拍車を掛け、国内消費への試みで、2%まで2倍のインフレ・ターゲットを見た。
日本銀行は、長期利率を低く維持することを目指した鍵刺激策をさらに発展させた。

アナリストは、ジャパンがこれらの政策を追求し続けるとともに円がさらに弱まるだろうと言った。

バークレイ・キャピタル(Barclays Capital)は、
「日本は、まだ、国内で金融状況を緩和するためのいろいろな処置を使って、より楽な金融状況が終わりまで食べて、我々はその努力に対する大きな国際的な反発に期待しないで、徐々に下がり続けるために日本円を探しません。」とノートの中で言った。

円安は様々な日本人輸出者おと経済にとって良い前兆である。

まず第一に、それはそれらの品物を外国のバイヤーへのより多くに手頃な価格にする。

さらに、それは、それらがホームへ戻る外国の所得を本国へ送還する場合に、輸出者の利益を押し上げるのを支援する。

また、会社の利益が上昇するのを見るとともに、それらはそれらの設備の研究開発あるいは拡張で投資するべき、より大きな現金堆積を持つ。

研究への投資は、それらが新製品を開発するとともに、会社がより競争率が高くなるのを助ける。

その間に、増加した資本投資は、日本の全面的な経済成長を押し上げるのを支援する。

また、日本経済新聞は2013年02月18日に、土屋直也編集委員によるコラムG20の裏に日米英の通貨「同盟」を公開した。

その中で、G20で、日「日本が標的にされかねない」との不安が漂っていたため、円は94円台から93円台へと跳ねた。
さらに週末にかけては92円台へ。相場は市場の不安を反映した動きになった。
しかし、実は声明こそ、円安に関する日本攻撃への「盾」となったと報告している。

G7声明の作成をG7議長国のイギリスに持ちかけたのは「通貨戦争」との見方が膨張して、自国の金融緩和策の手足を縛られることを懸念したメンバー国のひとつ。これに日本も乗る形で、声明作りが進んだ。

そして、G7メンバー国の中銀はいずれも低金利政策を採っている。金融緩和策の強化をテコに進んだ円安批判が高じれば、G7各国の金融政策の制約にもなりかねない。そこがG7各国の共通の土俵になったと報告している。

G7メンバー国にもフランス、ドイツといった円安進行への懸念を持つ国はあったが、声明作りを2011年8月の前回のG7声明の「市場において決定される為替レートを支持する」といった文面をたたき台とした時点で、介入を伴わないで、円安への批判は消えていた。

作業の過程で通貨戦争への過度の懸念のにおいを消し、結果的に日本をサポートしたのは米国とイギリスであった。

2013年02月12日に、オバマ米大統領の米財務次官(国際担当)ラエル・ブレイナード(Lael Brainard)が安倍政権の経済政策アベノミクスに関し「支持する」と発言した。

さらに、イングランド銀行(Bank of England)のマーヴィン・キング(Sir Mervyn Allister King)総裁が2013年02月13日に会見で「政府が国内経済成長を支えるために金融政策を活用すれば、為替相場に影響が出る。そうした影響は容認すべきだ。」と金融緩和に伴う通貨安はやむを得ないとしたのも、やはりG7声明作りでの同国の立場を反映している。

今回のG7声明の副産物は何だろうか。作成作業を通じて、結果的に日米英の連携関係が強まった面があることだろう。通貨外交での「同盟」関係のような基盤になっていく可能性があると指摘している。

2013-02-18---イギリスの£は、ドルとユーロに対して弱まり続けている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告