2013-02-15

キューバでも、強力な隕石爆発を報告。

AP通信は2013年02月16日に、キューバのメディアはロシア上で爆発した隕石より小さかったが、しかし居住者が空の明るい光、および窓と壁を振わせた爆発について、驚かされたと記述し、キューバは類似した現象を経験したと報告した。

ロシアの隕石は約1,200人を傷つけて、無数の窓を粉砕した衝撃波を起こしたが、キューバでは、負傷者あるいは破損は、それによって引き起こされなかった。

2013年02月15日金曜日の夕刻にWebサイトCubaSiへポストされた国営テレビ・ニュース放送からのビデオでは、シエンフエゴスの近くで、中核都市ロダス(central city of Rodas, near Cienfuegos)の未確認の居住者は、爆発が印象的であったと言ったと書いている。

「火曜日に、私たちは、午後5時ころに、魚取りをするため家を出ました。
午後8時ころに、私たちは、天の中の光そして次に(太陽より大きな大きな火の玉を見ました。」
「私の家は完全に震動しました」
「私はそんな奇妙なものを聞いたことがありません。」と女性が言った。
とある地方の人がビデオの中で言っている。

ビデオは人類学の専門家であると確認したマルコス・ロドリゲス(Marcos Rodriguez, whom the video identified as a specialist in anthropology)は、すべてのサインが隕石を指摘すると言った。

科学者によれば、5〜10個のより小さな隕石が毎年地球を襲っている。

ロシアに関するもののようなより大きなことは珍しい。
また、何人かの専門は、それが1908年の別の隕石打撃シベリア以来最も大きな突風だったかもしれないと言った。

金曜日にはさらに、サンフランシスコ湾岸地帯の居住者は恐らく、空で1個の宇宙岩であると科学者が言った火の玉を見たことを報告した。

同じエリアで2012年10月の別の隕石は、大きなソニック・ブームを引き起こした。

キューバでは、ビデオ上のリポーターが、同様の現象が1994年にシエンフエゴス州(Cienfuegos province)のどこか他のところに観察されたと言った。

それは、キューバ政府当局が地球へ落ちたかもしれないあらゆる破片を捜していたと言った。

つまり、ロシア上で爆発した隕石と同じ日に、キューバとサンフランシスコ湾岸地帯にも隕石が落ちたと言うことになる。
もしかすると、同じ隕石が上空で爆発し,その破片かもしれない。

2013-02-15---ロシア隕石目撃者は、「太陽のようなものが落ちました。」と言った。

ロダス(Rodas)のGoogle Earthポインター情報
22°20'34.00"N,80°33'19.00"W
または、
22.342778, -80.555278

Related Dates