2013-02-15

米国はハイチの行政区に2つの刑務所を計画。

AP通信は、米国政府は、貧困のカリブ海の国で刑務所システムがひどい過密状態、病気と暴力を止める努力において2つの刑務所をハイチ(Haiti)の田園地方に建設する予定であると、米政府当局者は金曜日に言ったと報告した。

米国大使館の麻薬情勢部門局長カール・シーベントリット(Carl Siebentritt, director of the Narcotics Affairs Section at the U.S. Embassy)はAP通信に、刑務所が各々の沿岸の町であるプティー・ゴーブ(vetit Goave)とキャバレー(Cabaret)で建設されると電子メールで送ってきた。

カール・シーベントリットは、
「抑留者が、警察署の一時的な現状維持の個室で抱かれるように、刑務所は過密です。」
「国際的な人権標準と一致している新しい刑務所を建設することによって、(米州)部は、この過密状態を軽減して、病気と暴力の広がりを減らそうとします。」と言っている。

プロジェクトが公的な記録では、Bureau of International Narcotics and Law Enforcement Affairsが、US$500万からUS$1000万の間でコストがかかると見積もっている。

首都の町ハイチの北西部19マイル(32km)のキャバレーで計画される刑務所は、女性を収監して、ポルトープランス(Port-au-Prince)地域の女性の刑務所での群がりを軽減するのを助ける。
そこは、200ベッドを持っている。
また、最高15人の女性と職業訓練計画を使用する織物活動も含んでいる。

ポルトープランスの南西43マイル(70km)のプティー・ゴーブのために設計される刑務所は、150ベッドを持っていて、ジャン・ベルトラン・アリスティド大統領(President Jean-Bertrand Aristide)の追放の後、2004年に破壊されたものに代わる。

契約入札は、3月上旬に支払い予定であると、カール・シーベントリット言った。

このプロジェクトは、ハイチの刑務所で状況を改善する外国の政府と援助グループによるより大規模な努力の一部で、そして、それは世界で最悪の事態の一部と言われた。

刑務所は悪名高く、過密で、不衛生で、そして、収容者は交替でスペースの不足のため、夜に眠ることをしばしば邪魔する。

混雑した施設は、大多数の囚人が見なかった機能不全の司法制度のため、裁判官、あるいは、犯罪の有罪判決を下した大部分から起こる。

不十分な記録は収容者の数が長い引き留めをおさえたことを確認することを難しくした。
しかし、国務省はその数が2,000〜3,000人であると見積もった。

世界中で刑務所で健康状況を改善しようとする非営利的団体を共同設立したサウス・フロリダの医者ジョン・メイ博士(Dr. John May, a South Florida physician who co-founded a nonprofit that seeks to improve health conditions in prisons worldwide)は、彼が最後に医学旅行をプティー・ゴーブで警察署に降りかからせると、そこで、128人の収容者は現状維持の独房で監禁された。
シングル・ルームはベッドまたは水道水を持っていなかった。
そして、囚人は疥癬にかかっていたか、栄養失調、精神病と高血圧を患ったと、彼は言った。

「いくらかの援助が刑務所プログラムに届けられているので、私は非常に感謝します。」
「囚人は、しばしば忘れられます。」と、ジョン・メイ博士言った。

ただし、貧困のソマリアなどの海賊は、逮捕されて、ヨーロッパや米国に連れて行かれると,刑務所の環境が良すぎて、それだけで天国だと思うのも事実である。

それでは、犯罪は減らない。

プティー・ゴーブ(Petit Goave)のGoogle Earthポインター情報
18°26'0.67"N,72°51'41.94"W
または、
18.433519, -72.861650

キャバレー(Cabaret)のGoogle Earthポインター情報
18°43'60.00"N,72°25'0.00"W
または、
18.733333, -72.416667