2013-02-15

サムスン関連の盗聴で、韓国議員議席を没収!

AP通信は、インターネット上のサムソンの職員間の会話を電話盗聴したことで告発されたサムソンの議会批判で知られた韓国の国会議員は、コミュニケーション法に違反したと最高裁判所が裁決した後、議会で彼の議席を没収したと報告した。

韓国のトップの法廷は、下級裁判所での議員魯會燦(노회찬/ロー・ホウ-チャン/Roh Hoe-chan/1956 - )で保留された実刑判決の有罪判決を支持した。

彼は、国家情報作用によって記録された三星電子社(Samsung Electronics Co.)チェアーマンの李健煕(Lee Kun-Hee/이건희)と義理の兄弟で補佐官との会話記録を公表した。

この有罪宣告は、国会議員であることから魯會燦を失格させた。

2005年に魯會燦によって出されたプレス・リリースは、その会話の記録を含んでいた。
それは、サムソンによって大金与えられた検察官の名前を明らかにした。

さらに、彼は、Webサイトで記録を公開した。

反対進歩主義者公正党(Progressive Justice Party)の議員だった魯會燦は、韓国で最も強力なコングロマリットで、国の経済を支配するサムソンの多弁の批評家であった。

2005年の下院への証言で彼は、サムソンと検察官との関係調査を要求するために盗聴された会話を使用した。

その調査は副司法大臣の辞職に結びついた。
しかし、検察官は単に電話盗聴器をリリースしたことで、魯會燦とジャーナリストを起訴した。

通常韓国の議員は、彼らが侮辱のために訴えられず、他の罪で起訴されても、下院で自由に話すことを可能にする免疫によって保護されている。

問題は、そのような免責が議員のサイバースペース・アクションに当てはまったかどうかがあった。

韓国の最高裁判所は、それがしないと裁決した。

裁判所がその決定について、「ジャーナリストにプレス・リリースを配布することと異なり、インターネットに関するメッセージのアップロードは、いつでも誰でもへの容易なアクセスを許可します。」と説明すると声明で言った。

判決は、さらにインターネットが公ではない情報を配達し、その一方でメディアが「責任で公表するべきものを選択している」と言った。

魯會燦は、どんな市民も容易にオンラインで情報を配布するか公表することができると言って、「時代錯誤」もとして法廷が裁決していると非難した。

さらに、彼は、議員としてのより重要な役割が、検察官は犯罪容疑者を課すことができ、警察の調査を監督することができる、数少ない韓国の政府関係者であることを含んで、韓国で強力なグループの腐敗と戦うことであると言った。

魯會燦は、彼が情報を公表する決定を後悔しなかったと言った。

「8年前に戻れば、私はまだ同じことをするでしょう。」と彼が判決の後に声明で言った。

確かに、起訴されたのが検察官や裁判官であった場合、そこで判決を下すというのは,グレーである。
裁判の公正と平等の原則から、全く別の判決組織である必要がある。