2013-02-12

CEOティム・クック、「アップルはハードウェア会社ではありません。」

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、CEOティム・クック(Tim Cook)によれば、アップルは、iPhone、iPadおよびマックからほとんどのお金を作っている。
しかし、ハードウェア会社ではありません。

代わりに、アップルはプラットフォーム会社である、と彼が火曜日にゴールドマン・サックス・テクノロジーおよびインターネット会議(Goldman Sachs Technology and Internet Conference)でのインタビューで言ったと報告した。

「私たちはハードウェア会社ではありません。」
「私たちには、金銭と報酬の株主になる他の方法があります。この前の四半期、ソフトウェアとサービスについては、それはUS$37億でした。あなたがソフトウェアとサービスの会社を見れば、それは信じられない収入額です。」と彼が言いました。

ハードウェア会社の代わりにプラットフォーム会社としてのアップルを見ることで、さらに、ソフトウェアおよび他のサービスを提示するアップルの「全体の小型デバイス」の中心への駆動、哲学がある。

会社はハードウェアを売り、アップ・ストア、iTunesストアおよびiBookstoreで、成功するとこれまで分かった「閉じた庭(closed garden)」を提示した。

その庭は、さらに会社の顧客ベースを育てるのを支援している。

会社のマージンおよび長期的な計画についてゴールドマン・サックス・アナリストのデービッド・ショープ(Goldman Sachs analyst David Shope)に尋ねられた時、ティム・クックは、「私は、電話会議の中で行うことの向こうのマージンの計画に入りたくありません。しかし、一般に、ここで、私たちが行うことがあります。」と答えた。

「あなたは常に入り戦略の理由で下縁を受理することができます。しかし、その背景で、私たちは、このハロー効果が起こる(halo effect plays out)ことを常に知っています。」と言っている。

アップルにとって初めての顧客がiPodかiPhoneのような製品を買い、次に後で戻り、iPadまたはマックを買う場合、ハロー効果は作用し始める。

リターン顧客はアップルの生態系の大きな部分でした。
また、会社の小売店は、新製品ユーザーがより多くの製品を買うことをより簡単にします。

それらの小売店はプラットフォーム会社としてアップルに大きな役割を果たしています。

「昨年、appストア、iTunesストア、iBookstore、100か国以上のすべてで、私たちは私たちの生態系を新市場へと広げることに主な努力を注ぎます。」クック氏は言いました。

「私たちが映画を売っていないたった1国の主要国で、私たちは、世界中の国々で適所に私たちのインフラストラクチャーを得る際に昨年著しく進みました。」
彼は、アップルがまた遅くなっていないと付け加えた。

会社には、今年、より大きなロケーションにその店のうちの20を移動させる計画があり、ほとんどアメリカの外で、さらに30を加えている。

顧客は単に製品を買いに、また、アップルのサービスのために、それらが購入する製品からもっと得ることができる集い場所として、それらの小売店へ行く。

さらに、ショップは、学校の遠足およびミュージカル・パフォーマンスのような他の活動用開催地になる。
それは、さらに会社がプラットフォームを売っているという考えを増強するのを支援する。

「私は、『蓄積』が今は正しい単語かどうか分かりさえしない。」とクック氏が言った。

「それらは私たちの顧客のほとんどすべてのためのアップルの顔です。」
また、その顔がハードウェアだけでなくプラットフォームを売っていると彼は言った。