2013-02-15

サムソンは、低コストの市場のためにfeaturephoneラインを持ったノキアと対決。

mobile World Liveは、サムソン(Samsung)は、会社の「TouchWiz」ユーザー・インターフェースに基づいた「REX」と呼ばれる新興市場をターゲットにした新しい送受話器を始めたと報告した。

韓国の巨人はそれを「スマートfeaturephones」と評し、ポジショニング、ライン、ノキアのアシャー(Asha)と競合して直角にそれは、インドのような市場において多いにポピュラーであると分かっている。

REXシリーズは4つのタッチスクリーン・デバイスから成る。
REX 90、REX 80、REX 70およびREX 60で、すべての提示する2重のSIM機能性および4本のGSM/EDGEバンド(850/900/1800/1900)を支援している。

トップのREX 90は、3.5インチのディスプレイと3.2のメガピクセル・カメラを搭載している。

着手のいベントはインドで開催されたが、価格と有効性は示されなかった。

サムソンのモバイル・ビジネスのトップであるJK シン(JK Shin)は、「ライフスタイルおよび予算をすべてターゲットとするだろう。」と声明で言った。
「REX装置は、種々の市場を横切ってカスタマーに最も重要で、本質的なモバイルの機能をシームレスに優先的にし、統合するように設計されています。」と彼が付け加えた。

サムソンはこの数週間にいくつかの低コストのアンドロイドベースのスマートフォンをさらに始めた。

2013-02-12---ノキア、Wi-Fi対応で最初のデュアルSIMのスマートフォンを発表。

Related Dates