2013-02-15

四半期で、スマートフォンの90%以上がアンドロイドとiOSで占めた。

mobile World Liveは、調査会社IDC(International Data Corporation/インターナショナル・データ・コーポレーション)によれば、アンドロイドとiOSは、2012年第4四半期のグローバルなスマートフォンOS市場を支配し91.1%の市場占有率を備えたと報告した。

2012年の全体としては、2つのプラットフォームが87.6%の出荷であった。

IDCの世界的な四半期のモバイル・フォン・トラッカーによれば、アンドロイドとiOSで供給されたスマートフォンは、2011年に同じ地域の中で送られた1億2200万ユニットから70.2%アップで、第4四半期の合計2億760万ユニットを出荷した。

2012年の結合した合計は出荷は7億2240万デバイスであった。
2011年の4億9450万から、68.1%の増加であった。

アンドロイドは、2012年第4四半期に1億5980万の出荷を備え、70.1%の市場占有率で、前年比88%アップで支配した。

IDCのモバイル・フォン・チームの研究管理者ラモン・ラマ(research manager with IDC’s Mobile Phone team Ramon Llamas)は、「その結果として、アンドロイドは市場を打つ成長で報いられました。」と言った。

iOSは、4780万に達するとともに、2012年の第4四半期の市場占有率は21%で、デバイス出荷が前年比29.2%アップであった。

ラマは、アップルのiPhone 5、およびiPhone 4と4Sの値引きした価格の需要が、その期間にiOS出荷を駆り立てたと言った。

彼は、アップル・マップに関する問題で、ユーザーにiPhoneを購入を思いとどまらせていないと述べた。

IDCは、マイクロソフトのウィンドウズ・フォン8(Windows Phone 8)とブラックベリー10(BlackBerry 10)が「競争の用意を整える。」と言い、新規参入者が次の数年にグラウンドを構築することを予期した。

「前方の道がマイクロソフトとブラックベリーの両方にとって上りであることに疑問はありません。しかし、歴史は、消費者が変わるのに開いていることを私たちに示します。オペレーターは、プラットフォームの多様性は何かだけでなく、消費者に、何のために、と尋ねました。」IDCのモバイルのデバイス・トラッカー用プログラムマネージャーのライアン・リース(program manager for IDC’s Mobile Device Trackers. Ryan Reith)は言った。

2013年の始めまでブラックベリー10のリリースを延期する決定がより古いブラックベリー7 OSに頼っているようにしたことで、ブラックベリーの市場占有率は2011年の8.1%から、2012年第4四半期に3.2%まで落ちた。

対照的に、ノキアに増加されたウィンドウズ・フォン(Windows Phone)は、その市場占有率を第4四半期に、1.5%から2.6%へ、76%の販売を蓄積した。

IDCは、LinuxベースのスマートフォンがSailFish、TizenおよびUbuntuからのデバイスの着手を備え、2013年の単なる要因でありえないと述べた。
しかし、アナリストは、市場のはずみがつくためにこれらのプラットフォームが時間と投資を必要とするだろうと堅固に警告した。