2013-02-15

ルーブルは、ナチに略奪された美術品を返却。

BBC Newsは、略奪されたか、盗まれたかに、充当された1930年代にユダヤ人の所有者から受け取られた7枚の絵画が、進行中のフランスの努力の一部として、それらを遺族に返されていルと報告した。

それらの作品の中には、パリのルーブル美術館(Louvre in Paris)で現在掛かっている4枚の絵画を含んでいる。

その部分のうちの6点は、フランスを去るためにその値の小片で収集を売り払ったオーストリアのユダヤ人リチャード・ノイマン(Richard Neumann, an Austrian Jew)によって所有されていた。

7番目の作品は、ユダヤ人の銀行家ジョセフ・ウィーナーからプラハ(Prague from Josef Wiener, a Jewish banker)で奪われた。

この7はすべて、アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)が成長したオーストリアの都市リンツ(Linz)で構築したかった画廊のディスプレイが予定された。

そのギャラリーは、博物館と個人コレクションからナチ党によってヨーロッパを横切って略奪された美術品で満たされることになっていました。
それらのうちの多数、ユダヤ人であった。

工場の出所を研究調査して、数年が費やした後、含まれていた家族のクレームは2012年にフランスの政府によって有効になった。

ノイマンの収集からの6つの作品は、彼の孫で、米国に移住している85歳のトム・ゼルドルフ(Tom Selldorff)に戻されることになっている。

ただし、どのような経緯で、アドルフ・ヒトラーが集めた作品が、ルーブル美術館博物館にあるのかと言うことは,明らかになっていない。
実は,それも非常に興味深い。

オーストリアには、すでに明らかになっている,現在も画廊を経営している画商が多くのナチ作品に関係していたと言われている。