2013-02-15

ロシア隕石目撃者は、「太陽のようなものが落ちました。」と言った。

BBC Newsは、一人の人は,その出来事を地球へ落ちる太陽にたとえた。
交戦地帯と同種のものとして、別のものは彼の都市に余波について記述した。
それは、ロシアのウラル山脈地域に落ちた隕石のインパクトであったと報告した。

チェリャビンスク(Chelyabinsk)の都市に住んでいて、会社に出て、働いていたセルゲイ・セレスコブ(Sergei Serskov)は、09:20ごろ(03:20 GMT)ウィンドウを通って明るいフラッシュによって驚かせた。

彼はBBCニュースに、「私はウィンドウを警戒し、あなたが航空機から見るような煙の倍の大きなラインを見ました。」
「数分後に、ウィンドウが急に開くようになりました。また、多くの小さな爆発を後に続けて、大爆発がありました。それが約20〜30分続いたように、それは交戦地帯と感じました。」と言った。

突風が、ウィンドウを横切って強打され、その結果、金曜夜の温度が都市でマイナスの14Cまで急落すると予測された。

多くの人々が学校から彼らの子どもたちを下校させ、病院も影響された、とSセルゲイ・セレスコブが言った。

彼は、建設部門の会社が、再度110万の都市の修復を支援するだろうと付け加えた。

Twitterにポストされたメッセージ、またロシアのニュースWebサイトlenta.ruによって、ローカルで感じられた衝撃を伝えている。

「明るいフラッシュが出た時、私は死ぬほど脅えました」とある女性ユーザーが書いた。

「Mummyが走り、私たちは地震のように、恐ろしいショックを受けました。猫は非常にぎょっとしたので、それはラジエーターでかき回っていました。」

生徒は、
「私たちは自分自身のことに専念して、幾何学に座っています。その後、このフラッシュはウィンドウに私たちをすべてくぎづけになりました!外国の侵入」と書いた。」

チェリャビンスクの200km(125マイル)北の都市Yekaterinburgでは、ロックバンドSmysloviye Gallyutsinatsii(音の幻覚)のリーダーのセルゲイ・ボブネット(Sergei Bobunets)は、ソーシャルメディア上のポストで、
「空を見上げて、急に、太陽のように見えた明るい光および何かで照明されていた空が、Yekaterinburgの南へどこかに落ちた時、私はドアの外部でたばこを吸っていた。」と彼の印象を書いているとAFPが紹介している。

このような現地からの衝撃は,AP通信も多くを紹介している。

例えば ESA(uropean Space Agency/欧州宇宙機関)は、時速30,000km(18,642mph)というすさまじい速度で地面にぶつかりました。それは巨大な量の力をリリースした。と言っている。

ドイツのミュンスター大学の鉱物学者アディ・ビスチョフ(Addi Bischoff, a mineralogist at the University of Muenster in Germany)によれば、金曜日のような大規模なインパクトはロシアでよりまれであるが、まだ約5年ごとに起こっていおると話した。より小さな衝突が年間5〜10回起こると言った。

ベルリンのドイツ航空宇宙センターの研究主幹アラン・ハリス(Alan Harris, a senior scientist at the German Aerospace Center in Berlin)は、それが大気中で解散したとともに、ほとんどの損害が隕石の爆発によって引き起こされているだろうと言った。
その爆発は、半径数kmが、その大気によって飛ぶウィンドウおよび緩い物体を送った衝撃波を引き起こした。
彼は、残りの破片が地面にぶつかる時には、それらは小さすぎただろうので、重要な損害をインパクトのサイトから遠くに引き起こすことができないと言った。

さらにAP通信は2013年02月16日になって、ロシアでは、隕石の爆発で1,100人以上が負傷したと報告した。

その爆発は、20発の原子爆弾に相当すると言っている。

NASAは、隕石がおよそバスの大きさで、重さ概算7,000トンだった、と推測した。

世界を終了するSF映画からのもののように見えて、チェリャビンスクの都市の驚かせられた居住者によって撮影されたビデオはその流れる飛行機雲を示した。

これは、1世紀以上で最大の記録された隕石ストライキで、地球から約17,000マイル(28,000km)以内に渡された150フィートの小惑星の数時間前に生じた。

ロシア科学アカデミー(Russian Academy of Sciences)は、西シベリアの上の隕石は、少なくとも33,000mph(54,000kph)の極超音速で現地時間(午後10:20 EST、木曜)午前9:20ごろ地球大気圏に入りました、また、高さ約30-50km(18〜32マイル)の部分へ粉砕されたと、言った。

市役人によれば、衝撃波は、概算100,000平方mのグラス(100万を超える平方フィート)の中で吹き、チェリャビンスクの3,000戸の建物が被害を受けたと言った。

亜鉛工場では、屋根の一部は崩壊しました。

内務省は、衝撃波で48人が入院した後、約1,100人が医療を求めたと言った。
ほとんどの傷は割れて飛び散ったガラスの破片によって引き起こされた、と職員が言った。

科学者は、宇宙岩ははるかに高い高度で爆発したが、隕石がヒロシマの爆弾より20倍強力な力を解放すると推測した。

ウラジミール・プーチン大統領(President Vladimir Putin9は、緊急大臣を呼び出し、即時の修理を命じた。

いくつかの隕石破片は、Chebarkulの町の外側の貯蔵所に落ちた、と地方内務省オフィスが言った。

その衝突は氷の中に8m(26フィート)の火口を作った。

隕石が爆発した時、チェリャビンスク学校(Chelyabinsk schools)でちょうど勉強をスタートしようとしていた。
また、職員は、258人の子どもが怪我をしたものの中でいると言った。

アマチュアのビデオは、強力な衝撃波が部屋を襲ったとともに彼女のクラスと話をする教師を示した。

NASAは、ロシアの火の玉が、1908年に隕石がシベリアのトゥングスカ(Tunguska, Siberia)を襲い、概算8000万本の木を平らにしたとき以来と報告され、それ以来で最大であると言った。

チェリャビンスクはトゥングスカの約5,000km(3,000マイル)西である。

彗星または小惑星の破片に起因するトゥングスカ突風は一般に約10メガトンだったと推測されている。

科学者は、現在、メキシコのユカタン半島で、それよりはるかに大きな隕石ストライキが約6600万年前に恐竜の消滅の原因だったかもしれないと言っている。

USGSでも観測していた。
M0.0 - Meteor Explosion Near Chelyabinsk, Russia
2013-02-15 03:20:26 UTC

2010-03-04---「白亜紀第3紀間絶滅(KT絶滅)」の原因は、小惑星の衝突が原因。
2009-06-29---1908年6月30日朝7:17頃に起こった「ツングースカの衝撃」の謎解き!
2007-06-27---大隕石落下「Tunguskaの衝撃」から、100年!
1908-06-30 ---大隕石落下「Tunguskaの衝撃」が起こった。

USGSの隕石衝突波観測地点のGoogle Earthポインター情報
55.150°N 61.410°E depth=0.0km (0.0mi)
55° 9'0.00"N,61°24'36.00"E
または、
55.150000, 61.410000