2013年02月12日

コカ・コーラの飲み過ぎで、ニュージーランド人が死亡!?

BBC Newsは、ニュージーランドの検死官は30歳の女性の死の「本質的な要因」は、大量のコカ・コーラ(Coca-Cola)を飲むことであったと言ったと報告した。

3年前に心停止の後に死んだナターシャ・ハリス(Natasha Harris)は、毎日10リットル以内の炭酸飲料を飲み続けていた。

これは、カフェインの推奨された安全な限界の11倍以上、砂糖摂取で推奨された2倍であった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

コカ・コーラは、その製品が、すぐにハリスの死の一因となったことを証明することができないかもしれないと主張した。

8人の子どもをもつ母親は、南部都市インバーカーギルの(southern city of Invercargill)で、健康障害により何年も苦しんだ。

彼女の家族は、彼女がコカ・コーラ中毒になっており、もし彼女が好きな飲料なしでいれば、「振動」を含む禁断症状を得るだろう、と言った。

彼女は目が覚めている時間の間じゅうコークを飲み続けた。
また、歯は腐食のために抜かれた。

検死官デービッド・クリーラー(Coroner David Crerar)は、彼女のコカ・コーラの消費が、心臓があまりに速く、または、あまりにゆっくり鼓動するとき状態の心臓不整脈を生じさせたと言った。

検死官デービッド・クリーラーは、
「すべての利用できる証拠が考慮されるとき、ナターシャ・ハリスのコークの非常に大量の量の消費がなければ、彼女が死んだことがありそうもないと、私はわかります。」と言った。

テレビ・ニュージーランド(TVNZ)の報告によれば、検死官は、10リットル(17.5パイント)のコークを飲むことが1kg(2.2ポンド)以上の砂糖と、970mgのカフェインになると推定した。

検死官デービッド・クリーラーは、コカ・コーラがその製品を過度の多量に飲んだ消費者の健康に責任を負うとすることができなかったと言った。

しかし、彼は、あまりにも多くの砂糖およびカフェインの危険に関するそれらの飲料に、より明瞭な警告を表示するようにソフト・ドリンクス会社に要求した。

さらに、ハリスの家族は、彼女の健康障害に関する危険信号に注意を払うべきだった、と付け加えた。

コカ・コーラは謝罪すれば、コーク殺人を認めたことになるので。絶対に謝らないだろう。

しかし、たばこのようにコカ・コーラの飲み過ぎは死の危険性があるので注意するように表示する義務が発生するかも知れない。

2013-01-15---コカ・コーラはテレビ広告で、肥満は良くないと言った。
2012-09-11---世界中で、コカ・コーラが売られていない国?
2012-06-27---コカ・コーラは、インド市場成長を後押しするためにUS$50億投資計画。
2012-06-14---コカ・コーラが、60年ぶりにビルマへ戻ってきた!
2012-05-18---中国は、コカ・コーラ最大の市場へ!
2012-03-09---コークとペプシは、癌警告ラベルを回避するためにレシピを変更。
2011-12-06---中国コカ・コーラの製品「Pulpy Milky」は毒入りだった!
2011-10-14---Appleのブランドは、Microsoft、Google、さらにCoca-Colaも抜いた!
2011-08-18---米国の清涼飲料大手コカ・コーラ、上海国際板上場計画!
2011-05-08---コカ・コーラ誕生125周年。
2011-02-16---コカコーラ(Coca Cola)の製法を入手!?
2010-11-24---ベルギーとルクセンブルクで、コカコーラがモバイル・ペイメント開始!
2010-01-10---コカ・コーラの携帯電話パワー!
2006-07-31---コカ・コーラが「MyCokeMusic」のサイトを閉鎖した。
2006-06-20---「MyCokeMusic」を閉鎖すると発表した。
2005-05-06---コカ・コーラ、世界中の自動販売機オゾン・ホール対策実施。
2005-02-15---NokiaとCoca-Colaのコラボレーション。
1920-09-01---日本で初めてコカ・コーラが発売された。

南部都市インバーカーギルの(southern city of Invercargill)のGoogle Earthポインター情報
46°24'47.47"S,168°21'13.58"E
または、
-46.413186, 168.353772

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告