on-the-time.jp

2013-02-12

イギリスの大手銀行バークレーズは、3,700人の解雇を発表。

銀行モバイル・マネー

BBC Newsは2013年02月12日に、イギリスの大手銀行バークレーズ(Barclays)は、£17億のコストを下げることを目標とする戦略の検討に続き、3,700人の仕事をカットするだろうと言ったと報告した。

それらの人員削減のほとんど半分はその投資銀行を攻撃する。

販売失敗におけるロスの負債値に対する補償をわきに置いた後、バークレーズはさらにに税引き前利益が、2011年の£59億から、2012年に£2億4600万に突進を報告した。

[AD] You can advertise on this site.

バークレーズ上司アントニー・ジェンキンズ(Barclays boss Antony Jenkins)はBBCに、
「人々が私たちについての印象を変更する前に、数年かかるだろう。(It will take years before people change their impression of us.)」と伝えた。

彼は次に、
「私はそれによって全く威圧されません。(I'm not daunted by that at all.)」
と付け加えた。

しかし、ものの売買ではなく,お金を扱う銀行にとって,信用をなくすと言うことが,今後どうなるのかは真綿で首を絞められるようなものだろう。
さらに、今はモバイル・マネーの登場で,これまでのクレジットカードの内容が大きく変更され、銀行業務の内容も変わろうとしている。

解雇のうち、1,800人は、アジアの大部分とともに、その企業およびインベストメント・バンキングから来る。
また、1,900人は、ヨーロッパの小売りおよびビジネス銀行業務から来る。

現在140,000人のスタッフを雇用するバークレーズは、ごくわずかの人員削減がイギリスであるだろうと言った。

銀行は、出来事を破損するストリングの後に、その評判を再建しようと努力している。

バークレーズは昨年、Libor利率を装備することを試みるために£2億9000万を罰金として科され、さらに、支払い保護保険(生産者物価指数)および利率投資商品をめぐる、産業規模にミス販売スキャンダル(mis-selling scandals)に巻き込まれた。

米国で尋問されることになっているHSBCとRBS(Royal Bank of Scotland/ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド)、バークレーズ(Barclays)、シティ・グループ(Citi Group)、ドイツ銀行 (Deutsche Bank)、JPMorganとUBSの7つの銀行は、いずれ同様のことを経験することになる。

バークレーズは、メキシコとイランのマネーロンダリング事件には巻き込まれていないのだろうか?
これにも巻き込まれている銀行は、国際的にエキストラの罰金と,信用下落が起こる。

口先だけの銀行マンには理解できない銀行業務のすさまじさが,どんどん明らかになってきている。

修正基礎額においてバークレーズは、利益がアナリストの期待に従って£70億5000万に26%上昇した。

バークレーズはLiborによって振動し、ミス販売スキャンダルに荷担した。
また、8月に最高経営責任者としてボブ・ダイヤモンド(Bob Diamond)の後継者になったジェンキンズは、銀行グループを変更することを誓約した。

バンク設定のわきに、顧客ミス販売PPIと£8億5000万に製品を避けているそれらのミス販売金利を補償するために、銀行は£16億をとって置いた。

ジェンキンズは日BBCに、
「彼らの利益にいない顧客に製品を売るべきでない。」
「私は、顧客とクライアントのために伝える方法で、私たちがこの事業を営まなければならないと非常に確信しました。」と言っている。

今月始めジェンキンズによって発表される£60億を含むPPIのためのバークレイズからの余分な供給は、£136億に合わせた合計を英国銀行業の全体的なPPIの補償と考えられている。

バークレーズは、さらにそれ自身の負債を再評価した後に£46億の損失をした。

銀行は、それがクライアントの税を回避することを支援する構造化した資本市場事業(Structured Capital Markets business)を閉鎖していることを確認した。

それは、2013第1四半期の£50億に接近しているリストラクチャリング・チャージに、今年起こるだろう3,700人の解雇が帰着するだろうと言った。

それが昨年払った平均ボーナスは、£13,300に13%落ちた。
その一方でその投資銀行でスタッフに払われた平均ボーナスは、£54,100に17%落ちた。

バークレーズは株主に増加した確信の信号としてその配当を上げた。

普通株上のに対するは1株当たり6p〜6.5pから8%に上昇した。

しかし、£7億3300万の配当性向は、主として投資銀行で、スタッフに払われたかわきに置かれたボーナスの値によって、まだ矮小になった。

全面的な賞与基金が、2011年の14%から下って、総計£1.85bnまでになった。

バークレーズは、さらにスタッフに一部の純収入として払うその補償比率(compensation ratio)が42%から38%まで落ちたことを明らかにした。

それは、進行だったと言い「目的地がなく。」それが、30年代中頃の比率と考えるとして、中期の持続可能な位置にまで落ちる。

ジェンキンズは調査の中で、イギリスへの投資、米国およびアフリカ、銀行の大陸のヨーロッパおよびアジアの存在を縮小する間に、彼は、注目することを計画したと言った。

しかし、2012年には、投資銀行が、£4.06bnに37%上昇する法定利潤と共に、グループには引き続き非常に収益が多い。

そのイギリスの小売りとビジネス銀行業務部門の利益は、生産者物価指数と金利スワップの条件の後に単なる£2億9200万に71%落ちたが、修正基礎額上の£14億7000万に4%上昇した。

2013-01-26---イギリスの£100万紙幣と£1億紙幣を見たことがありますか?
2013-01-04---スイスで最も古い銀行は、米国脱税の後に倒産した。
2012-12-20---スイスのUBS、香港調査に直面!海外銀行の金融やくざえを追え!
2012-12-19---スイスのUBS、LiborスキャンダルでUS$15億の罰金!
2012-12-13---ユーロ圏の銀行は、セントラル銀行の直接の監督の下に入る。
2012-12-11---HSBC、米国でのマネーローンダリング罪で史上最大、罰金US$19億!
2012-12-11---グローバルな銀行業務スキャンダルを誰が監視しているか。
2012-12-11---誰が銀行の罪の代価を払うのか?馬鹿げているが、それは、あなたです!
2012-12-11---アメリカ人の大多数は、カードと現金をスマートフォン支払いに交換。
2012-12-11---米国でモバイル・バンキングは急上昇、2011年以来50%増加。
2012-12-06---スコットランドの独立、ジョン・スウィンニーは、EU再志願報告を拒否。
2012-11-26---トレーダーKweku Adoboliの暴走事件で、UBSに£2,970万の罰金!
2012-11-24---イギリスでも脱税者に総攻撃を本格化!
2012-11-23---ドイツ議会は、スイスの租税条約を閉鎖!
2012-11-20---世界中で、節税という脱税を許さなくなっている。
2012-11-12---スターバックス、Google、Amazonはヨーロッパで租税回避!
2012-11-09---Citi Groupを実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万。
2012-11-07---ダウ、ナスダック共に、1年ぶり下げ幅。CITI groupも急落。
2012-11-01---スイスの銀行口座を持った2,000人のギリシャ人の名前公開は不法か合法か。
2012-10-24---アマゾンは、電子ブック販売の節税を剥ぎ取られた!
2012-10-16---シティ・グループの最高経営責任者、社長兼最高執行責任者辞任!
2012-10-03---イランは、通貨落下を止める手段を締めた。
2012-09-25---イギリスの銀行は、融資のために資金提供する新しいスキームに署名。
2012-08-15---Standard Charteredは、米国での解決で、株価を回復。
2012-08-15---米国で呼び出された7つの銀行のLiborスキャンダル!
2012-08-12---銀行バークレーズの議長デービッド・ウォーカー候は変更を約束。
2012-07-30---ヨーロッパ最大のHSBCは、ミス販売とマネーローンダリングで利益を高騰!
2012-07-25---HSBC、メキシコ麻薬マネーローンダリングで罰金US$2,750万。
2012-07-22---世界のスーパー金持ち用脱税「隠し金山」を発見!
2012-07-17---ヨーロッパ最大銀行HSBC、麻薬マネーローンダリングを許可!
2012-07-16---HSBCは裁判所に、本部の抗議者を立ち退かるように依頼!
2012-07-03---イングランド銀行は、「ダイアモンドをゆっくり動かした。」
2012-06-27---バークレーズ銀行、主要取引先銀行レート詐欺操作で罰金。
2011-07-25---米国の資金は、タリバンに流れていた!?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.