2013-02-11

BlackBerry Messengerのための最初のモバイル決済サービス。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、BBM(BlackBerry Messenger/ブラックベリー・メッセンジャー)に基づいたモバイル・ペイメント・サービスサービスは、今月の終わりにインドネシアで商用着手の準備ができていると報告した。

BBM Moneyは現地金融機関Permatabank and Monitise、イギリスのモバイル・マネー・ベンダー、現地企業Astra Graphia Information Technologyによって開発された。

サービスの手続きをするブラックベリー・ユーザーは、他のBBM金銭ユーザーへのP2P支払を可能にしている。

さらに、エアータイム・クレジットを買い、銀行口座に金銭を転送することができる。

販売時点情報管理で物理的な品物を買うために支払をすることに関しては、何も、言われていない。

さらに発表は、パートナーが新しいサービスのために請求するのをどのようにして計画するかも言っていない。

MonitiseはBBMのためにモバイル決済サービスを世界の1位と評した。

2月1日にスタートした試みに続いて、後で2月に開始する。

このサービスは、インドネシアの中央銀行によって承認された。

言及は他の市場へBBMに基づいたモバイル決済を導入することに関してなされていない。

不思議だが、パソコン感覚でブラックベリーが東南アジアで浸透していることは事実である。