on-the-time.jp

2013年02月11日

馬肉スキャンダルで、ルーマニアは非難を否定する。

BBC Newsは、ルーマニアの首相ヴィクター・ポンタ(Victor Ponta)は、ヨーロッパの食品会社への牛肉で、彼の祖国の2つの屠殺場が馬肉を売ったと意味する主張を否定したと報告した。

ヴィクター・ポンタ首相は、チェックが行なわれ、規則と標準で違反がなかった、と言った。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

2つの屠殺場がヨーロッパで売られた食肉加工品の汚染にリンクされた。

イギリスの馬肉スキャンダルで、多くの国々が影響された。
また、イギリス政府は、「犯罪的陰謀」が起こったかもしれないと言った。

ヴィクター・ポンタ首相は、彼の祖国が非難されたと、怒りを表した。

彼は記者会見で、
「私たちがちょうど今持っているすべてのデータから、ルーマニア、あるいはルーマニアの領域上の会社によって傾倒したヨーロッパの規則違反はありません。」
「私は正直なために非常に腹を立てています。」と伝えた。

フランスでは、政府が、危機会談の食肉産業代表を呼び出した。

フランスで、7つのスーパーマーケット・チェーンが販売から既にいくつかの凍結食品を下ろした。

フランスの調査者は、輸入に関与する2つの会社を訪れた。
また、馬肉を確立しようとする肉の処理は、牛肉と分類された。

ヨーロッパ中が大騒ぎになっている。

私は,熊本で馬肉を食ったが,脂肪分が少なくて、健康的でうまかった。

何故、牛肉より,馬肉が安いのか判らない。

馬肉が高ければ,こんな騒動にはならない。

馬肉を牛肉と言って嘘をついて売るから問題なのである。

今では,バーガーから,ムサカ、ラザーニア,ボロネーゼなどの冷凍食品で騒ぎ始めている。

この問題は。拡大する一方である。

2013-02-09---バーガー馬肉混入スキャンダル!
2013-01-19---何がバーガーの真実か?
2010-01-04---馬は、いつ肉から、家畜になったか!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト