on-the-time.jp

2013年02月11日

Conclave(秘密会議)で、枢機卿はどのように教皇を選ぶのか?

BBC Newsは、ローマ法王ベネディクトXVI(Pope Benedict XVI)は、85歳のその月末で辞職することを予定している。
彼は、辞職した1415年のグレゴリーXII(Gregory XII)以来、最初のローマ法王と考えられる。

<教会法(Canon Law)>
「ローマのローマ法王が偶然、オフィスを辞職すれば、辞職が自由に適切に明示されて作られることが有効性で必要で、しかし、それは誰によってでも受理されるのではありません。」

ローマ法王ベネディクトの辞職は、新しいローマ教皇を選ぶ数世紀前の過程を推進したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

<枢機卿は、ローマに呼び出される。(Cardinals summoned to Rome)>

枢機卿会のディーン(Dean of the College of Cardinals)である85歳のイタリア人アンジェロ・ソダーノ(Angelo Sodano)は、ローマ法王の選挙の召集あるいは秘密会議(Conclave/コンクラーベ)に責任を負う。

会合に呼び出されるローマ教皇は、枢機卿会によって任命された教会の通常司教と規定されたほとんどの上級職員によって選ばれる。

上着の深紅色の色により「枢機卿」として知られ、69カ国で203人の枢機卿が現在いる。

秘密会議の規則は1975年に変更され、80歳のときに枢機卿をすべて除外する。
また、基本的な有権者の最大数は120人に選ばれる。
80歳より若い枢機卿は、現在118人いる。

秘密会議中で最も重要な職員はカメルレンゴ職(camerlengo)、または侍従(chamberlain)として知られている枢機卿である。
彼の仕事は、全体の選挙過程を監督することである。

この期間に、退職者も含まれた枢機卿はみな、絶対機密で有望な候補の長所について議論し始める。

枢機卿は、理論上、どんな洗礼が施された男性カトリック教徒もローマ教皇に選ぶことができ、自分の数のうちの1人だけを選ぶ必要はない。

しかし、伝統は、それらが枢機卿に、ほとんど確かな仕事を与えるだろうと言っている。

バチカンは聖霊によってガイドされている枢機卿について話す。

しかし、キャンペーンのオープンは禁止されているが、ローマ法王の選挙はまだ高度に政治的である。

連合構築者は、同盟を作り上げるために約2週間を過ごす。

また、ローマ教皇になる見込みがほとんどないかもしれない上級の枢機卿は、今までどおり他のものに対する相当な影響力を及ぼすことができる。

<秘密会議(Conclave/コンクラーベ)>
ローマ教皇の選挙は現代世界において独特の秘密の状態で導かれる。
合意に達するまで、枢機卿はバチカンに隔離される。
それらが、単語Conclaveの意味する文字通り「キー」でロックされることを示す。

選挙過程は数日かかる場合がある。

前世紀に、それは何週間あるいは、数カ月も行われた。
さらに、何人かの枢機卿はConclave中に死んだ。

そのプロセスは、Conclave中に、あるいはそのConclaveの後に、投票する出現の詳細のうちのどれも防ぐように設計されている。

この静寂を壊すという誘惑にかられた人なら誰にでも、破門の脅威に晒される。

投票がシスティナ礼拝堂(Sistine Chapel)で始まる前に、隠れたマイクロホン、カメラがないことを保証するために、全域は安全対策の専門家によってチェックされる。

一旦Conclaveが始まったなら、新しいローマ教皇が選ばれるまで、枢機卿は封鎖地域内で食べて、投票し、眠る。

それらは、医療の緊急を除いて、外部の世界との接触を断たれる。

ラジオ、テレビがすべて削除され、新聞または雑誌は許されない。
また、携帯電話が禁止される。

2人の医者、様々な言語および家事スタッフで告白を聞くことができる聖職者が、Conclaveへ許可される。

これらのスタッフはみな、観察しそうであることの秘密を永続する宣言を行なわなければならず、録音あるいは録画装置を使用しないことが試みられる。

投票に適格の枢機卿の正確な数は、それらが死ぬか、80歳のに達して、徐々により若い人と交替するとともに、変わる。

<投票儀式(Voting rituals)>
投票はシスティナ礼拝堂で行われる。
「その光景で人は、それぞれがすべてが神の存在の意識の助けになると判断される。」

Conclaveが始まる日に、枢機卿は朝、礼拝堂への行列の中で歩く前にミサを祝う。

一旦枢機卿が秘密会議エリアの内部にいれば、それらは秘密の宣言を行なわなければならない。

その後、ラテン語のコマンド「extra omnes(皆、外)」は、ドアが閉じられる前に残すべき選挙に含まれないものをすべて教える。

枢機卿は、1日目の午後に1回の投票を保持するオプションを持っている。
2日目から、2回の投票が午後、午前と2に保持される。

投票用紙は長方形である。

投票用紙の上部の半分上に、「Eligio in Summum Pontificem(私はローマ教皇として選びます。)」と印刷されている。

下記は選ぶ人の名前を書くためのスペースである。

枢機卿は、それらを識別しない方法で名前を書き、かつ2度投票用紙を折り重ねるように命じられる。

その票は投じられ、投票用紙は混合され、開き、数えられる。

投票用紙が数えられるとともに、開票検査人のうちの1人は票を獲得した枢機卿の名前を呼ぶ。

彼は、単一糸に投票をすべて置く針「Eligio」を通して、各紙を貫通する。

その後、投票用紙は燃やされる。

一旦新しいローマ教皇が選ばれたなら、黒から白に伝統的に頼る見物人が外部に見える煙を発する。

湿っている麦わらは、カーボンブラックを回すためにストーブに以前は加えられた。
しかし、この数年にわたって、煙の色に関して混乱が多くの場合あった。

別の投票が直ちに起こることである場合、最初の投票からの票は無視され、次に、第2の投票からのものと一緒に燃やされる。

1人の候補者が必要な大多数を達成するまで、そのプロセスは継続される。

<結論に達する(Reaching a decision)>
ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世(Pope John Paul II)は、1996年に選挙の規則を変更した。

以前に、候補は、ローマ教皇に選ばれるために1人が3分の2の得票を得なければならなかった。

新しい規則の下で、Conclaveの初期段階では、有権者の数が3でちょうど割り切れない場合、補足投票で、3分の2の大多数はまだ必要である。

デッドロックの数日後に、大多数に連絡していなければ、枢機卿は候補が投票の半分以上を勝ち取ることにより選ばれることを可能にする手続きに変更することを決定することができる。

3分の2制は、コンセンサスに達するように枢機卿を激励した。
しかし候補が初期段階で半分のを超える秘密会議の支援をまだ得ていれば、新しい規則の下で、3分の2の過半数を除き、彼の支持者は、彼の選挙が投票の半分だけで可能になるまで、持ちこたえることを決定することができる。

3日間で、誰も投票で選ばないことは、投票した後に3分の2の大多数を獲得したか、祈願、非公式の議論、および執事の順序で上級の枢機卿によって「簡潔な精神的な勧告」と評されるもののための休止を許可するために、最高1日間保留される。

選挙の終わりに、ドキュメントは各セッションの投票の結果をもたらすことで上へ引かれ、新しいローマ教皇が上方へ渡される。

それは密封封筒の中でアーカイブに維持される。
それはローマ教皇の注文でのみ開くことができる。

何がシスティナ礼拝堂の内部で起こっているかに関するただ一つの手掛かりは、投票用紙を焼くことからの一日に二度出現する煙である。

黒い煙は,失敗。
白い煙は、新しいローマ教皇が選ばれたことを意味する。

<新しいローマ教皇は発表(New pope announced)>
新しいローマ教皇の選挙がシスティナ礼拝堂煙突から起こる白い煙によって示された後、彼の身元が世界に最後に知らせられる前に、短い遅れが出る。

一旦、1人の候補が必要な大多数に到達したならば、その後、彼は尋ねられる。
「ローマ教皇として正統の選挙を認めますか。」
同意を与えて、新しいローマ教皇は尋ねられる。
「あなたはどの名前によって呼ばれたいですか。」
彼が名前を選んだ後、その後、他の枢機卿は、敬意と従順の行為をするために新しいローマ教皇に接近する。

新しいローマ教皇は、さらに彼の新しいローブに入れられなければならない。

ローマ法王の洋服屋は、ローマ教皇に服を着せるために小さいか中間か、大きな任意のサイズの衣服を準備している。
しかし、いくつかの最後の瞬間の調節は必要かもしれない。

その後、Stピーターのバシリカのバルコニーから、従来の発表は,スクエアの近くで反復する。
「Annuntio vobis gaudium magnum... habemus papam!(私はあなたに大きな喜びを発表します...私たちにはローマ教皇がいます!)」
その後、彼の名前は明らかにされる。
また、新しく選ばれたローマ法王は彼の最初の公の姿を見せる。

短い言葉を言った後に、ローマ教皇は、従来、「Urbi et Orbi(都市と世界)」への祝福、そして1つの、権威ありげに、新しい言葉が
始まっている。

2005-04-09---法王選出の「教皇選挙(コンクラーベ/Conclave)」報道管制を決定。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト