on-the-time.jp

2013-02-11

ローマ法王は,どのようにしてオフィスを辞職するか?

BBC Newsは、ローマ法王ベネディクトXVIは、今月末でローマ教皇の権威から下降することを予定している。

ローマ法王は、あまりにも年を取っているので、85歳で、それ以上継続することができないと言った。

BBCのデービッド・ウィリーは、ローマ法王の辞職は歴史上に先例があると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

その動きは衝撃を与えた。
しかし、理論上、彼の書き物机から1枚の紙を取り出し、枢機卿会、カトリック教会の最高の選挙人の本部に渡すべき退職届を書くローマ法王ベネディクトXVI、あるいは彼の前任者のうちの誰も、何もを止めていない。

教会法の下では、そのような辞職の有効性のためのただ一つの条件は、それが自由に作られ、適切に公表されるということである。

しかし、ローマ教皇は、現代になって、今までこれをしていないと報告している。

ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世(Pope John Paul II)が80歳だった時、5年前の2005年に、辞職することを考慮していたことが明らかにされた。

意志と遺言で彼は、「私は、どれくらいの時間、このサービスを継続しなければならないか、私が認識するのを助けるだろう。」と神に望んだと言った。

第二次世界大戦中に、ローマ法王ピウス12世(Pope Pius XII)がナチ党によって誘拐されることになっていたならば、彼が辞職したと考えられることになっていた、また、後継者が選ばれるべき、と述べるドキュメントを作成したという歴史家による執拗な推測がさらにある。

バチカンがピウスに関係のあるそのアーカイブの十分なリリースを遅らせたとともに、ナチ・ホロコーストへの彼の反応に関する論争のために、権威ありげに言うが、これが真実かどうか確認する手段はない。

さらにそのうちに戻って、ローマ教皇辞職の最後の場合は、さらに5世紀後退した日付で見つけることができる。

1406年〜1415年までローマ法王であったグレゴリーXII(Pope Gregory XII)は、西洋の分裂と呼ばれたものを終了するために辞職した。

ローマ法王の辞職の別の唯一の重要な例は、さらにそのうちにさかのぼる。

1294年には、ローマ法王セレスティン5世(Pope Celestine V)は、彼の選挙のわずか5か月後に、ローマ教皇が辞職することを許容可能と宣言する厳粛な法令を出し、次に、辞職した。

彼は隠者としてさらに2年間生きており、その後聖人と宣言された。

セレスティン5世が出した法令は、ローマ法王の辞職の有効性に関して教会法学者の間でのどんな疑問も終了した。

しかし、カトリック教徒にとって、高職を下へ置くローマ法王ベネディクトの決定は世界中で純粋なショックといえる。

法王ベネディクトは、世紀末的な性的虐待の繰り返された告発が聖職者に対して行われた期間にカトリック教会を統轄した。

しかし、彼がミュンヘンの大司教枢機卿、そして悪い行為に対して有罪の聖職者を罰することに対して責任があるバチカン監視組織CDF(Congregation of the Doctrine of the Faith)のトップだった時その時の期間中の彼の記録はの全体にわたって、バチカンは活発に、ベネディクトのローマ教皇としての権威を防御した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.