2013年02月08日

子供がコード化する技術でゲーム上の友達をハッキング!

BBC Newsは、専門家が11歳の子供が賭け事サイトやソーシャル・ネットワーク上のアカウントをハッキングするため、悪意のあるコンピューター・コードを書いていると言ったと報告した。

アンチ・ウイルスの会社AVGからの報告書は、仮想普及を「盗む」と書かれたプログラムの証拠を詳述した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

1つのケースでは、研究者が、カナダで1人の子どもの身元についてデータを明らかにするために「アマチュア」コードをリバース・エンジニアをすることができた。

AVGの最高技術責任者ユーバル・ベン=イツァク(Yuval Ben-Itzhak, chief technology officer at AVG)は
その会社は、子どもが「権利と悪」のコード化について、教育されなければならないと言った。

「彼らが大人で、それらが行っていることのインパクトを理解する前に、より多くの学校がこの初期段階中でプログラムするために人々を教育しながら、成長し続ける。」と言っている。

研究者は、子どもに人気のあるゲームをターゲットにするマルウェアの多くのインスタンスが、同じ特性を共有することを知った。

大部分はVisual BasicとC#のような基本コーディング言語を使用して、書かれ、それは専門のハッカーが恐らく作らなかった全くリテラル男子生徒エラーを含んでいるコードで、多くが最初のコード源を露出させ方法で書かれていた。

子供同士の情報流通は、学校という空間で急拡大することだろう。
彼らには、十分すぎる時間がある。

チームを注意深く検査された、コードの1つの特別の実例は、ゲーマーのためのごまかしプログラムを装って遊ぶオンライン・タイトルRunescapeは2億以上プレーヤーを参加させた。

プログラムRunescape Gold Hackは、ゲームに使用するゲーマーに自由な仮想通貨を渡しそうだった。しかし、それはログインの詳細を用心していないユーザーから盗むのに実際用いられていた。

ユーバル・ベン=イツァクは、「研究者がソース・コードを見た時、私たちは面白い情報を見つけました。」とBBCに説明した。
ユーバル・ベン=イツァクは、その電子メール・アドレスは属したのはカナダの11歳の少年に「私たちは、マルウェアが人々からデータを奪い、特定の電子メール・アドレスへそれを送ろうとしていることを知りました。そのコードに含まれたマルウェア著者、正確な電子メール・アドレスおよびパスワード、これら、マルウェア中の詳細のタイプなどの追加情報は、経験を積んだハッカーは置かないでしょう。」と言った。

カナダの11歳の少年は、認められたかったのだろう。

十分な情報はマルウェアのソース・コードのおかげで、発見できた研究者は、少年がどの町に住んでいるか分かりさえすることができた。そして、彼の両親は新しいiPhoneを最近を彼におごっていた。

世界中の多くの学校が、単に、コンピューターにの使用ではなく、コード化することを子どもに教えるために学校での教育プログラムを変更している。

イギリスでは、いくつかの放課後のクラブが設立された。
また、プログラミングに子供を入れるイニシアチブはGoogleとマイクロソフトのようなものに支持された。

ユーバル・ベン=イツァクは、子どもの能力レベルがどんどん高くなっているので、、どのように、それらの新しい技術を最良に使用するかについて、それらを教育することが行われることが必要だったと言った。

味方にするか、敵にするかの分岐点が来ている。

子供は、いたずらが好きである。

「子どもたちに玩具をとると必ず、払うことを教えます。したがって、私は、それらがソフトウェアを書いている場合、この種のメッセージは子供を悩ませる必要があると思います。」と言っている。

コード化する方法を9歳以上の子どもに教えるイニシアチブ「コード・クラブ(Code Club)」の共同創立者リンダ・サンドビック(Linda Sandvik)は、コード化することを子どもに教えることからの利点が、AVG報告書の中で概説された危険のうちの何かより重要だったとBBCに伝えた。
「それらが理解社会にとって必須なので、私たちはすべての学生に英語、数学および科学を教えます。」と彼女が言った。

「同じことはデジタル技術に該当します。読み書きの能力を獲得する場合、私たちが読むことを学ぶだけではなく、また、書くためにそれは単なる使用コンピュータ・プログラムに十分ではありません。」と言っている。

これが判らないと、大人は子供を理解してくれないと言うことになる。

子供時代にハッカーから育った大人は、間違えなければ優秀である。
どこで間違うのか?

ぎりぎりまで教え、その先の地獄を知る!
カモメのジョナサン!?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告