on-the-time.jp

2013年01月25日

サムソンは、水面下に作動するアンドロイド携帯電話を発表。

Cellular-Newsは、サムソン(Samsung)は、Galaxyスマートフォンで荒れたアウトドア条件に対して持続するために最適化されると言うXcover 2荒れ地バージョンを発表した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

新しいスマートフォンは、30分以内の間ほこりおよび砂証明さらに1mの深さに水中でも動作することが保証されたIP67に対応させた。

ユーザーは、さらに直接のカメラ・キーを備えた水の下の写真を撮影することもできる。

電話信号が非existantで弱いかもしれない田舎の使用に対処するために、あらかじめダウンロードされたグーグル・マップ・データ、位置をより正確に追跡するために衛星信号検知を20%以内短くする増強されたGPS+GLONASS、トーチのように使用することができるカメラの隣のLEDフラッシュおよび570時間(1,700mAh)の大きなバッテリー容量に付属している。

他の特徴は5メガピクセル・カメラおよび1Ghzデュアルコア・プロセッサーを含んでいる。

OSはアンドロイドのバージョン4.1(ゼリービーンズ)を搭載している。

価格およびリリース詳細はまだ確認されていない。

ところで、水中で電波受信可能なのだろうか?
多分、無理だろう。

通信機能が遮断された携帯電話は、すでに携帯電話機能をなくしていることにもなる。

それは、何なのだろう????

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト