on-the-time.jp

2013-01-25

サムソンは、水面下に作動するアンドロイド携帯電話を発表。

Cellular-Newsは、サムソン(Samsung)は、Galaxyスマートフォンで荒れたアウトドア条件に対して持続するために最適化されると言うXcover 2荒れ地バージョンを発表した。

[AD] You can advertise on this site.

新しいスマートフォンは、30分以内の間ほこりおよび砂証明さらに1mの深さに水中でも動作することが保証されたIP67に対応させた。

ユーザーは、さらに直接のカメラ・キーを備えた水の下の写真を撮影することもできる。

電話信号が非existantで弱いかもしれない田舎の使用に対処するために、あらかじめダウンロードされたグーグル・マップ・データ、位置をより正確に追跡するために衛星信号検知を20%以内短くする増強されたGPS+GLONASS、トーチのように使用することができるカメラの隣のLEDフラッシュおよび570時間(1,700mAh)の大きなバッテリー容量に付属している。

他の特徴は5メガピクセル・カメラおよび1Ghzデュアルコア・プロセッサーを含んでいる。

OSはアンドロイドのバージョン4.1(ゼリービーンズ)を搭載している。

価格およびリリース詳細はまだ確認されていない。

ところで、水中で電波受信可能なのだろうか?
多分、無理だろう。

通信機能が遮断された携帯電話は、すでに携帯電話機能をなくしていることにもなる。

それは、何なのだろう????

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.