gaYa広告

2013年01月31日

南アフリカで、信号ケーブルが盗まれ、通勤列車はプレトリアの近くで衝突!

BBC Newsは、2台の旅客列車が南アフリカの首都プレトリア(Pretoria)の近くで衝突し、多くの生徒を含む少なくとも300人が負傷した、と職員が言ったと報告した。

医療従事者は、28人が重傷だったと言っている。

事故原因は、増した信号に使用されたケーブルの窃盗というヒューマン・エラーによって、衝突を引き起こした、と南アフリカのレール権力のトップは言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

南アフリカはレール・ネットワークが昨年盗まれたケーブルのオーバーホールが進行中であった。

列車がプレトリアの西の郡区Attridgeville近くの静止している列車に衝突し、早朝の事故が起こった。

「列車は両方とも通勤者でいっぱいで、それらの間で学校へ行く途中の多くの生徒でした。」と地方の救急サービスのスポークスマンがAFP通信社に伝えた。

機関士のうちの1人は、2時間残骸の中に閉じ込められた後、ヘリコプターで近くの病院へのを空輸された。

ローカルの救急サービスのスポークスマンは、200人以上を搬送したとBBCに伝えた。
そのうちの3は致命的であった。
その一方で19には大怪我であった。

民間のNetcare 911サービスは、100人を搬送したといい、重傷の3人も支援したと言った。

負傷者はすべてプレトリアとヨハネスブルグ(Johannesburg)の病院へ連れて行かれた。

鉄道管理トップのモンセングワ・モフィ(Mosenngwa Mofi)は、
「ケーブルが盗まれる場合、それは私たちの信号するシステムに影響します。」
「その後、私たちはいわゆる手動操作に移ります。」と言った。

2011年には、スピード列車がソウェト(Soweto)の郡区の近くの静止しているものを打った時、少なくとも800人が負傷した。

この鉄道は、ワールドカップの時に作られた通勤列車じゃないのだろいうか?
それにしてみ、信号用ケーブルを盗むとは、戦後の日本でもトンネルの電球が盗まれ、ねじの方向を逆にして、盗んでも使えなくしたことがある。

ケニアでは、線路が盗まれた!

2011-05-19---南アフリカで列車事故!300人以上が負傷!?
2010-06-08---ワールドカップに合わたアフリカ初の高速列車が走り始めた。
2008-04-15---ケニアの通勤時間、ギャング団と警官が銃撃戦で13人以上死亡!

JohannesburgのGoogle Earthポインター情報
26°12'5.23"S,28° 2'43.76"E
または、
-26.201453, 28.045489

PretoriaのGoogle Earthポインター情報
25°44'45.67"S,28°11'13.63"E
または、
-25.746019, 28.187119

OR Tambo International AirportのGoogle Earthポインター情報
26° 8'0.54"S,28°13'49.66"E
または、
-26.133483, 28.230461

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告