2013年01月28日

イルカは、死にかけている仲間を救おうとした。

BBC Newsは、マイルカは、水の中で、死にかけている仲間を援助するために集まり、呼吸するのを支援しようとしているのが見られたと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

死にかけているイルカを支援するか救おうとした一群のイルカが記録されたのはこれが初めてであった。

韓国の研究者は、韓国の蔚山(ウルサン/Ulsan, in South Korea)の東海沖合で、その出来事を目撃した。

5頭のイルカが、傷ついたイルカで負担をかけないようとして、身体を備えたいかだを形成した。

この行動の詳細は雑誌「Marine Mammal Science(海生哺乳動物科学)」の中で報告された。

An unusual case of care-giving behavior in wild long-beaked common dolphins (Delphinus capensis) in the East Sea

Kyum J. Park1,*, Hawsun Sohn1, Yong R. An1, Dae Y. Moon2, Seok G. Choi1, Doo H. An1
Article first published online: 18 JAN 2013

DOI: 10.1111/mms.12012

健康なクジラとイルカを含んでいる動物のグループは以前に、個人的な支持療法を提供することを試みるのが見られた。

例えば、20世紀半ばに、束縛でのバンドウイルカ(bottlenose dolphin/Tursiops truncatus)は、彼女の背に彼女の死産の子供を持ち上げるのが見られた。

それらを噛むことにより、赤ちゃんを刺激するじとが記録されている一方、野生のバンドウイルカも海面の近くの死んでいるか死産の子供を支援するのが見られた。

しかし、前の例はすべて、子牛を救おうとする単に1頭あるいは2頭の成熟したイルカであった。

韓国の蔚山の鯨研究所(Cetacean Research Institute in Ulsan, Korea)のKyum J Parkとその同僚は、10頭の長いくちばし状のものがあるマイルカ(common dolphins/Delphinus capensis)が、成魚の命を救うために試みられた。

すでに、世界で忘れられた儒教の世界?

研究者は、慣例的に韓国の海岸沖のクジラをモニターしている。

韓国の蔚山の鯨研究所(Cetacean Research Institute in Ulsan, Korea)のGoogle Earthポインター情報
35°30'9.90"N,129°23'3.33"E
または、
35.502750, 129.384258

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告