AD SPACE

2013-01-25

iPhone販売は、スマートフォン地域を記録するためにAT&Tを駆り立てた。

mobile World Liveは、米国でナンバー2の携帯電話事業者AT&Tは、初めて1000万を上回る四半期のスマートフォン販売にもかかわらず、第4四半期の販売は事実上水平を報告した。

事業者は、ちょうど0.2%アップで、US$36億の総収入は前年比で、ほぼ期待に従って記入した。

[AD] You can advertise on this site.

今週の初めにライバル、ベライゾン(Verizon)のように、AT&Tはスーパー嵐サンディー(Superstorm Sandy)と関係するコストを含めて、四半期にいくつかのアイテムを記入した。
それはUS$39億の純損失に帰着した。

調節以外に、シェア・ロス当たりUS$0.68はシェア利益当たりUS$0.44になっていた。

機器販売を含む無線収入は前年比で5.7%上昇してUS$176億になった。
その一方で無線サービス収入は4.2%からUS$149億増加した。

AT&Tは、第4四半期に記録的な1020万のスマートフォンを販売した。
それは、それは「任意の米国キャリアーによってかつて売られた最大だった。」と主張した。

スマートフォンは、郵便料金前納(postpaid phone)の電話販売が89%を占めた。

これは、四半期の終了までに、AT&Tの郵便料金前納の電話加入者の69.6%(4710万)が、現在はスマートフォンを使用することを意味した。

スマートフォン販売はiPhone活性化によって駆り立てられた。
それはレコードとして、860万に達し、AT&Tにとって新規が16%であった。

事業者は、さらにそれが「アンドロイドのスマートフォンのために、今までで最良の販売地域になっていた。」と言いました。

AT&Tは、合計の中で1億700万に達するために110万の合計の無線通信加入者の中の純増加を記入した。

郵便料金前納のネット追加分は合計780,000で、「124分の1における最良の利得」になった。

以前からAT&Tは、前納型だけが伸びていると言っていたが、それがさらに確実になっている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE