2013年01月25日

iPhone販売は、スマートフォン地域を記録するためにAT&Tを駆り立てた。

mobile World Liveは、米国でナンバー2の携帯電話事業者AT&Tは、初めて1000万を上回る四半期のスマートフォン販売にもかかわらず、第4四半期の販売は事実上水平を報告した。

事業者は、ちょうど0.2%アップで、US$36億の総収入は前年比で、ほぼ期待に従って記入した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

今週の初めにライバル、ベライゾン(Verizon)のように、AT&Tはスーパー嵐サンディー(Superstorm Sandy)と関係するコストを含めて、四半期にいくつかのアイテムを記入した。
それはUS$39億の純損失に帰着した。

調節以外に、シェア・ロス当たりUS$0.68はシェア利益当たりUS$0.44になっていた。

機器販売を含む無線収入は前年比で5.7%上昇してUS$176億になった。
その一方で無線サービス収入は4.2%からUS$149億増加した。

AT&Tは、第4四半期に記録的な1020万のスマートフォンを販売した。
それは、それは「任意の米国キャリアーによってかつて売られた最大だった。」と主張した。

スマートフォンは、郵便料金前納(postpaid phone)の電話販売が89%を占めた。

これは、四半期の終了までに、AT&Tの郵便料金前納の電話加入者の69.6%(4710万)が、現在はスマートフォンを使用することを意味した。

スマートフォン販売はiPhone活性化によって駆り立てられた。
それはレコードとして、860万に達し、AT&Tにとって新規が16%であった。

事業者は、さらにそれが「アンドロイドのスマートフォンのために、今までで最良の販売地域になっていた。」と言いました。

AT&Tは、合計の中で1億700万に達するために110万の合計の無線通信加入者の中の純増加を記入した。

郵便料金前納のネット追加分は合計780,000で、「124分の1における最良の利得」になった。

以前からAT&Tは、前納型だけが伸びていると言っていたが、それがさらに確実になっている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。