2013-01-15

ベトナムで、新種「空飛ぶカエル」を発見!

AFPは2013年01月16日に、オーストラリアの両生類専門家ジョディ・ローリー(Jodi Rowley)は2009年に、ベトナムのホーチミン(Ho Chi Minh)近郊の森林でフィールド調査をしている際、発見されたカエルが新種だったことが分かったと、2013年01月15日に語ったと報告した。

これほどまでに大都市の近くで発見されるのも、まれなケースだと言っている。
このカエルは樹上に生息し、大きな水かきを広げて、木から木へと滑空して移動することができる。

当初、このカエルを別の近縁種だと思っていたが、その後に行ったベトナムの別の場所のフィールド調査で、その近縁種とはかなり特徴が違うことに気づいたと言っている。

ジョディ・ローリーは、「新しい種の腹部は明るい白で、白目も白。一方、近縁種の方は腹部はレモンイエローで、白目も黄色だった」とAFPの取材に答えた。また、水かきの色、大腿部の色、体の大きさなども違うという。

分子解析の結果、別の種であることが確認され、ジョディ・ローリーは新種のカエルを最近卵巣がんと診断された母親ヘレンさんの名前にちなみ、「Helen's Flying Frog(ヘレンの空飛ぶカエル/学名:Rhacophorus helenae)」と名付ける名誉を得た。

科学者らは現在、この新種のカエルが絶滅の危機にあるかどうか研究を進めている。
ジョディ・ローリーはこの新種がごく限られた場所でしか発見されていないことから、その生存に大きな危惧を抱いていると話している。

ジョディ・ローリーの発見は米爬虫(はちゅう)両生類学専門誌「ジャーナル・オブ・ハペトロジー(Journal of Herpetology)」最新号に掲載された。

A New Species of Large Flying Frog (Rhacophoridae: Rhacophorus) from Lowland Forests in Southern Vietnam
no access

Jodi J. L. Rowley 1,2,
Dao Thi Anh Tran 3,4,
Huy Duc Hoang 3,
Duong Thi Thuy Le 3

1Australian Museum, 6 College St., Sydney, NSW, 2010, Australia
3Faculty of Biology, University of Science–Ho Chi Minh City, 227 Nguyen Van Cu, District 5, Ho Chi Minh City, Vietnam
4Zoologisches Forschungsmuseum Alexander Koenig, Adenauerallee 160, D-53113 Bonn, Germany
2Corresponding Author. E-mail: Jodi.Rowley@austmus.gov.au

Journal of Herpetology 46(4):480-487. 2012
doi: http://dx.doi.org/10.1670/11-261

ビデオはないかと探したが、別の近縁種が飛んでいるものが見つかった。