2013年01月21日

北朝鮮のロケットは、ほとんど国内で作られた。

BBC Newsは、韓国が先月、北朝鮮によって打ち上げられた長距離ロケットは国内技術を使用して、大部分は作られた、と言ったと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ミサイル試験として非難され、隣人によって禁止された12月の発射は、成功裡に宇宙へ北朝鮮で最初の衛星を入れた。

国際制裁は、北朝鮮が先進技術の輸入を防いだ。

それが外国の援助なしでパーツの「圧倒的多数」を開発することができたという発見が懸念の理由であると、通信員は言った。

北朝鮮は、ロケットが宇宙へ通信衛星を運んだと言った。
しかし、米国および北朝鮮の隣人は、そのようなオペレーションが長距離ミサイルを開発する平壌による試みを表わすと長い間考えてきた。

韓国軍と宇宙エキスパートは、その初期エンジンおよびその燃料と酸化体を含めて、海へ流した10個のロケット部品を拾い出した。

その報告書で、韓国の国防省は、
「それは海外から輸入された市販の製品を使用したが、北朝鮮はコンポーネントの大多数にそれ自信を作ったと考えられます。」と言った。

BBCの韓国の首都ソウル駐在のルーシー・ウィリアムソン(Lucy Williamson)は、そのような技術的な能力が軍事の適用として、何でありえるか彼らが考えるとともに、これが多くの国々にとって好ましくない初耳になるだろうと言った。

そのようなロケットはアメリカに到着することができる大陸間弾道ミサイルの技術的に似ていると彼女は付け加えた。

金正恩(Kim Jong-un)が2011年12月に政権を握って以来、北朝鮮は2つの長距離ロケット打ち上げを行なった。

4月の発射は失敗した。
しかし、12月の試みは明白な成功であった。

米国、日本および韓国は、国連安全保障理事会の中のレスポンスを求めている。
それは2006年と2009年に核実験の後に、ミサイル試験を北朝鮮に禁止した。

2012-12-13---北朝鮮は、ロケット打ち上げビデオを公開!
2012-12-12---北朝鮮は、警告を無視し、ロケット打ち上げ成功!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。