2013-01-15

日経が日曜日に、アシュトン・カッチャーを演じた?

Forbesは、MTVは10年前に、大きなものが各エピソードの終わりに明らかにする前にアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)が有名人の精巧な悪戯をする「Punk'd」と呼ばれるショーをデビューした。
セットアップは全く同じではないが、日本経済新聞がこの日曜日にアシュトン・カッチャーの役割を演じたことはありえると報告した。

また、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)は、iPhone注文が崖から落ちるところであることを示唆する息を切らした報告で、だまされた名声として働いた。

アップルの株は、その最高値から約30%落ちて、最近1トン未満の圧力を受けていた。

また、明白な悪いニュースの最新のビットは、1株当たり今日の500ドル未満に下って、もっと駆動を支援した。

ジャーナルが報告した時、それはスタートしました。
「例えば、アップルの第1四半期のiPhone 5スクリーンのための注文は、会社が計画した命じることをおよそ半分に落した。」人々は言った。

しかし、日経がもとは含んでいたもので、その引用が見当たらないことは、もはやないWSJの上でだがロイター上で今までどおり見つけることができた。

「アップルは、1月の段階で約6500万のスクリーンのための初期計画から、LCDパネルの供給を荒く半分にしてくれるようにシャープ株式会社およびLGディスプレイ社に依頼しました。日経は発言として状況に精通している人々を引用しました。」と言っている。

また、私たちが知っているその6500万という数は、最初から完全に不合理であったといっている。

つまり、その物語すべて、間違っていた。

日本経済新聞を昔から知っている人は、ときどきもの凄い間違いをすることは知っているが、世界の経済新聞界は信じてしまった。

以前、日本経済新聞の記事で裏を取ろうとして、日本経済新聞が勝手に書いた記事を信じるなと、もの凄く怒られたこともある。

秘密主義のアップルは、ときどき大きな誤解の原因になる。

2013-01-18---アップルは、需要薄のiPadをミニに変える。
2013-01-17---Google Tabletは日本で、最後の四半期にアップルより売れた!?
2013-01-14---アップルは、iPhoneの部品注文を削減!
2013-01-09---アップルはそれほど高価でないiPhoneを作ろうとしている。
2012-09-18---アップルの株価、初めて一時期US$700に到達!