2013-01-15

ユナイテッド航空、衛星ベースのWi-Fiサービスを開始。

Cellular-Newsは2013年01月16日に、米国のユナイテッド航空(United Airlines)は、国際的なワイド・ボディー航空機に初めて衛星を利用したWi-Fiインターネット接続を導入し、顧客に長期間の外国航路上で旅行する間に接続を保つ能力を提供する米国で、最初の国際航空会社になったと報告した。

パナソニック・アビオニクス社(Panasonic Avionics Corporation)のKuバンド衛星技術を支給された航空機ボーイング747は、大西洋横断と太平洋ルートに登場する。

さらに、ユナイテッド航空は、顧客にATG(air-to-ground technology/空対地の技術)で、国内ルートでより速い飛行中のインターネット・サービスを提供するため、2機のエアバス319航空機にKuバンド衛星Wi-Fiインターネット接続を支給した。

その会社は、今年の終わりまでに300機の幹線沿いの航空機に、衛星を利用したWi-Fiインターネットの設置を終えることを計画している。

ユナイテッド航空副チェアーマンで統括官ジム・コンプトン(Jim Compton, vice chairman and chief revenue officer at United)は、「私たちは、衛星を利用したWi-Fiサービスによって、よりよく私たちの顧客のために役立ち、もっと彼らがグローバルな航空会社で望むものをそれらに提供することができます。」と言った。

顧客は、2つの速度の選択権を持っている。
US$3.99〜US$14.99の間で最初に値をつけられた、飛行時間へ依存し、また加速されたスタンダードと、US$5.99〜US$19.99の間で最初に値をつけられた、スタンダードよりダウンロードが高速のサービスがある。

現在、US$5億5000万を掛けて全体を改良している。