2013-01-15

ロンドンでは毎日、平均80台のiPhoneが盗まれている!?

Cellular-Newsは、イギリスで携帯電話の危険についてユーザーに警告する宣伝活動の一環として、ロンドン警視庁( Metropolitan Police)によって発表された数字によれば、先月ロンドンで1万台のスマートフォンが盗まれたと報告した。

アップルのiPhoneは、すべての窃盗の約半分で、それは1日当たり平均79台のiPhoneを占めた。

この広告は、携帯電話、タブレット・デバイス、貴金属、現金および他の貴重品を保護するステップを取る重要性を強調し、子どもが学校と作業場所へ従業員が戻るとともに、数字の増大が歴史的にあるときは、その年の始まりと同時であるように調節されている。

携帯電話犯罪攻撃の警察統計学は、1月の増加が12月に匹敵したことを伝統的に示し、2010年12月の攻撃で8,078台になり、それらが翌月の2011年1月に8,613まで上昇した。

先月の2012年12月は、その傾向を継続して、9,751の携帯電話犯罪攻撃を示した。

それらの分析によれば、強盗の犠牲者は、男性の可能性が高そうだった。
しかし、女性は窃盗をしがちであった。

しかし、すべての犠牲のための最も一般的なプロフィールは、盛り場あるいは他の公共の場所の首都において元気で、20歳から30歳の間、若い専門家であった。

MPSのための犯罪を監視している捜査警視長サイモン・レッチフォード(Detective Chief Superintendent Simon Letchford, Territorial Policing crime lead for the MPS)は、
「私たちは、人々をこのキャンペーンで違った風に考えさせようとしています。見たところ、あなたの個人財産を持っていることは、強盗に悪銭を作る機会を与えます。」と言っている。

「犠牲者であるならば、アイテムを交換するためのコストに加えて、あなたはあなたに個人の価値を持つ、そして、必ずしもとって代わられることができないものを失うかもしれません。」
「携帯電話は、盗まれるはるかに一般のアイテムです。」

2012年4月から9月の間に、携帯電話の総数が56,680台、iPhoneだけで28,800台がロンドンで盗まれたと報告した。
1日につき、iPhoneだけで79台、すべての携帯電話では157台が盗まれてる。

しかし考慮する1つの要因は、実際にちょうど失われるとき盗まれるか、保険金請求をするために損害を受けるように、多くの電話が報告される。

保険業界は、同様に犯罪のその方式を取り締まっていると報告した。