2013-01-14

ソフトバンクは、子会社eAccessの株式過半数を売ることで会談中!

Cellular-Newsは、ソフトバンクは柔らかにeAccessを監督した後、多くの投資者に補助としてeAccessの中で3分の2の株式を売ることで会談中であると言われていると報告した。

ソフトバンクは2012年の終わりeAccessにUS$18億を払って子会社化した。

ローカル・ニュースの報告によれば、ソフトバンクは約10人の他の株主に67%の株を売るために会談中であると述べている。

eAccessに対するコントロール権は失うが、筆頭株主のままになる。

潜在的買い手は、エリクソン(Ericsson)、ノキア・シーメンス・ネットワーク(Nokia Siemens Networks)およびサムソン(Samsung)を含めたと報告されている。

その販売は、テレコム調整機関との関係を引き起こしているために、合併会社の保有する無線周波スペクトルによると考えられている。

マネジメント・コントロールを譲ることは、それらの関係を緩和する。

この取り引きは、ソフトバンクが米国本拠のスプリント・ネクステル(Sprint Nextel)の過半数株式を買う、はるかにより大きな取り引きと無関係であると考えられている。

しかし、それがスプリント・ネクステル取引のための米国承認を危険にさらした場合、中国の投資者がeAccess取り引きのために考慮されていないと主張された。

凄く、微妙である。

ソフトバンクは、中国にかなり接近してきたが、スプリント・ネクステル取引では、それが米国承認を危険にさらすことになる。

さらにソフトバンク・モバイルは、iPhoneの魅力で先行し、多くの利益を甘受してきたが、NTTドコモもiPhoneを販売することになれば、接続環境に弱点あるソフトバンクには厳しい時代に突入する。

さらに、円高時でのスプリント・ネクステル取引が、阿部政権に移行し、円安が加速している。

2013-01-11---NTTドコモが、iPhoneにドアを開けた!?
2012-11-15---野田佳彦首相の解散宣言を受け、円安、日本株は独歩高。
2012-10-15---ソフトバンクは、Sprintの株式70%をUS$201億で購入。
2012-10-11---ソフトバンクが、米国のSprint Nextel買収で会談中!?
2012-10-01---ソフトバンク イー・アクセス買収。