2013年01月14日

ソフトバンクは、子会社eAccessの株式過半数を売ることで会談中!

Cellular-Newsは、ソフトバンクは柔らかにeAccessを監督した後、多くの投資者に補助としてeAccessの中で3分の2の株式を売ることで会談中であると言われていると報告した。

ソフトバンクは2012年の終わりeAccessにUS$18億を払って子会社化した。

ローカル・ニュースの報告によれば、ソフトバンクは約10人の他の株主に67%の株を売るために会談中であると述べている。

eAccessに対するコントロール権は失うが、筆頭株主のままになる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

潜在的買い手は、エリクソン(Ericsson)、ノキア・シーメンス・ネットワーク(Nokia Siemens Networks)およびサムソン(Samsung)を含めたと報告されている。

その販売は、テレコム調整機関との関係を引き起こしているために、合併会社の保有する無線周波スペクトルによると考えられている。

マネジメント・コントロールを譲ることは、それらの関係を緩和する。

この取り引きは、ソフトバンクが米国本拠のスプリント・ネクステル(Sprint Nextel)の過半数株式を買う、はるかにより大きな取り引きと無関係であると考えられている。

しかし、それがスプリント・ネクステル取引のための米国承認を危険にさらした場合、中国の投資者がeAccess取り引きのために考慮されていないと主張された。

凄く、微妙である。

ソフトバンクは、中国にかなり接近してきたが、スプリント・ネクステル取引では、それが米国承認を危険にさらすことになる。

さらにソフトバンク・モバイルは、iPhoneの魅力で先行し、多くの利益を甘受してきたが、NTTドコモもiPhoneを販売することになれば、接続環境に弱点あるソフトバンクには厳しい時代に突入する。

さらに、円高時でのスプリント・ネクステル取引が、阿部政権に移行し、円安が加速している。

2013-01-11---NTTドコモが、iPhoneにドアを開けた!?
2012-11-15---野田佳彦首相の解散宣言を受け、円安、日本株は独歩高。
2012-10-15---ソフトバンクは、Sprintの株式70%をUS$201億で購入。
2012-10-11---ソフトバンクが、米国のSprint Nextel買収で会談中!?
2012-10-01---ソフトバンク イー・アクセス買収。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト