2013-01-14

アップルは、iPhoneの部品注文を削減!

Cellular-Newsは、アップルは最新のスマートフォンのための予想需要より弱いことから、見たところでは、Phoneの構成部品のサプライヤーから部品の注文を縮小していると報告した。

WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)は、状況に精通している2人を引用して、アップルの表示画面のための注文は、当初予測上に半分だけ下がっていると言っている。

会社がストックを積んだ可能性に逆らうことで、表示画面、あるいは他のサプライヤーを見ていたところ、さらに伝えられるところによれば、そのサプライ・チェーン全体で他の本質的なコンポーネントのためのカット・バックオーダーをしている。

通常は、構成部品の注文の縮小は、会社が置換を支持して、より古いモデルの生産を次第に縮小しているというほのめかしとして得られる。

しかし、これらのカットは、予期された注文、および会社の通常の送受話器置換サイクルの外側で縮小している。

アップルは特にアンドロイド(Android)とサムソン(Samsung)からの増加する圧力を受けている。

また、低迷する販売の提案は、会社がその製品分野を単なる1つの高額の送受話器からより大きな中心市場消費者の基盤へ遠方に拡張するという要求を増加させる。

アップルは今月の終わりにその業績を報告する予定になっている。

その業績報告までは何も言えないが、このところ部品サプライヤーの変更も注意する必要がある。