2013-01-15

2012年は、最も暖かい記録のトップ10に入った。

BBC Newsは、米国の科学者は、2012年が世界で1880年以来経験した最も暖かいトップ10の1年であったと言ったと報告した。

NASA研究者は、9番目に暖かい年と言い、その一方で別のアメリカの専門家は、それが10番目であったと言った。

両方のチームは、温度が冷却をいくつかの地方へ持って来たラ・ニーニャ気象パターン(La Nina weather pattern)がなかったら、さらにより高かっただろうと予測した。

かれらは、二酸化炭素が過去50年にわたって上昇の主要な原因だったと等しく確信した。

NOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration海洋大気局)は、2012年の平均気温が20世紀平均の0.57C上にあることを測候所のグローバネットワークからの温度データの分析が示したと言った。

NOAAは、21世紀の12年間でもっとも熱く、記録保存の133年の期間で最も暖かい14の中にあったと述べた。

NOAAの全国気候データ・センターのセンター長トマス・カール(homas Karl, director of Noaa's National Climatic Data Centre)が、
「この過去年、米国と異なり、それらは全体的にレコードではありませんでした。しかし、それらは確かに暖かかった。」
「実際、それは1つのマークで、毎年の平均上に執拗は、1976年以来平均以上にありました。」

同じデータを使用するが、わずかに差額分析を行なったNASAは、20世紀半ば基線より0.6℃暖かい温度を備えた9番目に暖かい年であると言っ
た。

NASAのスペース研究ゴダード研究所のジェームズ・ハンゼン博士(Dr James Hansen, from Nasa's Goddard Institute for Space Studies)は、地球温暖化の時期にさえ、数季節が長期平均より涼しくなると認めた。
「知覚した人は、異常に暖かい極端な頻度が増加していることに気づくべきです。」
「人々の上に最多のインパクトを持っており、惑星の上に他の生命を持っているのは極端です」と彼は言った。

研究者の両方のグループによれば、世界のほとんどのエリアは2012年の平均気温より高かった。
その一方で、北極地方は記録破り氷溶解を経験した。

2013-01-15---NASAとNOAAは2012年の地球温度(気候条件1月15日)を発表。
2013-01-11---インドのクンブー・メラの魔法。

Related Dates