2013年01月14日

Oh, my God!これが、北京スタイル(Beijing STYLE)!?

美容と医学の科学

NASAは2013年01月15日に、北京と中国の他の多くの都市の居住者は、自宅の中にいるように警告された。
中央-国家としての20130年1月は、近況中の空気品質の最悪の期間のうちの1つに直面したと報告し、2013年01月14日の衛星画像を公開した。

ところが北京と中国の他の多くの都市の居住者は、環境に一番優しい日本車を壊して、奇声を上げた。

これが、北京スタイル(Beijing STYLE)!?
Oh, my God!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

それは、小さな島釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)が、問題の中心であった。
そしてそこには、空気品質をさらに最悪化させる化石燃料がある。

ニュースレポートによれば、中国政府は、放射を元の通り縮小するように工場に命じた。
その一方、病院では、呼吸の問題について不平を言う患者が20以上〜30%までのスパイクを見た。

この2013年01月14日の画像を衛星によって得られた時に、北京の米国大使館での地上のセンサーは、空気の1立方m当たり291マイクログラムのPM2.5測定を報告した。

人毛の幅のおよそ30分の1である2.5ミクロン未満の大気粉塵(PM)は、人間の肺に入ることが十分になほど小さく、危険であると考えられている。

ほとんどのPM2.5エアゾール粒子は、化石燃料の燃焼と、山火事や農業の燃焼バイオマス(biomass)から来る。

WHO(World Health Organization/世界保健機構)は、それが25未満である場合の「PM2.5」が安全であると考えている。

さらに、イメージの時に、北京のAQI(air quality index/大気質指標)は341であった。
300以上のAQIは、心臓または肺の病気の人々だけでなく、すべての人間に危険であると考えられている。

AQIは、50より下が良いと考えられている。

2013年01月12日に、現在の空気危機のピークとなり、AQIは775であった。
米国大使館が北京に住む職員のために観測している北京空気品質モニタ・オフ、と米国環境保護局(U.S Embassy Beijing Air Quality Monitor-off the U.S. Environmental Protection Agency)のPM2.5は、1立方m当たり886マイクログラムであった。

本来、国家は国民の健康を保持する義務がある。
これでは、国民全体に、毒をまき散らす国家といえる!?

とくに、日本車や店舗に火を付けたことは、AQIを急増させる!

2013-01-13---北京、スモッグ・チャートが限界を超え、移住者に警告!
2013-01-12---北京の大気汚染が急上昇し、猛毒で覆われた!

2012-12-20---中国の石炭消費量、2014年に世界の50%以上占める。
2012-11-22---クリーンエネルギー・コミットメントをむしばむ、石炭の再起。
2012-10-10---米国の研究者は大衆のレベルに炭素放射を写像。
2012-08-02---ほこりは、北米への外国エアゾール侵入を支配。
2012-03-25---地球の気温は、2050年までに3C上昇するかもしれない。
2012-01-21---北京が大気汚染データを発表し始めた。
2012-01-12---健康と食糧安全の利点を変更できる気象環境。
2011-12-05---中国の首都が濃厚なスモッグで、北京空港が何100フライト中止!
2011-11-15---中国の電力不足深刻、電気料金引き上げ不可避か!?
2011-09-26---デリー・メトロは、国連からのカーボン・クレジットを得た。
2011-09-21---中国が適用する火力発電所の排出新基準。
2008-09-23---買い手にとって、重要な環境優しい車(EnviroFriendly Cars)。
2008-08-05---フランダースの研究所、北京の大気汚染モデル開発!
2008-05-07---航空サービスと環境問題
2007-12-27---だれが、無責任な自動車の放出を規制すべきか!
2006-11-13---2025年までに米国で25%の電気や自動車を再生可能資源燃料に置換。
1971-10-03---日本初のノーカー・デーが実施された。
1970-09-22---大気汚染防止法「マスキー法案」が上院で可決された。
1967-09-01---「四日市ぜんそく」訴訟を起こした。
1962-05-23---公害白書が初めて発表された。

北京の米国大使館のGoogle Earthポインター情報
39°57'14.22"N,116°27'55.29"E
または、
39.953950, 116.465358

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。