2013-01-14

イラクで何百人もの囚人が釈放された。

BBC Newsは、イラク政府当局は、シーア派の率いる政府に対する反対デモをするスンニ派の抗議者への明白な譲歩として、175人の囚人を釈放したと報告した。

首相代理のフセイン・シャリスタニ(Deputy PM Hussein Shahristani)は、合計335人の囚人が先週で釈放されたと言った。

彼は延長された拘留を受けた人々に「イラクの状態を代表して」謝罪した。

全国で、何万ものスンニ派で主張された差別について不平を言っている。

フセイン・シャリスタニは、抗議者の要求を調査するために首相Nouri Maliki( Prime Minster Nouri Maliki)によって組織された委員会を率いている。

イラクの田舎では、主にスンニ派による3週間のデモンストレーションがあった。

罰則なしで留置された拘留者の釈放が、主な要求のうちの1つであった。

イラクの刑務所は、均一にする黄色の多数の囚人は、バグダッド刑務所の釈放式にガードマンに囲まれた。

AP通信社は、釈放されているものがコーランを渡され、テレビカメラが回転したとともに甘い物を与えられた、と報告した。

フセイン・シャリスタニは、「異なる政府省庁中の官僚的経営」のために囚人が非合法に拘留されたことを認めた。

詳細は収容者あるいはそれらの申し立てられた犯罪に関して与えられませんでした。
しかし、ロイターは、拘留者の刑期が証拠の不足のために捨てられたと報告した。

もともと、米国が攻め込んだときに防衛して捕まったので、米国が撤退したら、ほとんど解放されるべきだろう。