gaYa広告

2013年01月14日

オリンピックのチャンピオンは卵巣癌の後に、2番目の子供を期待!

AP通信は、オリンピックの体操チャンピオン選手シャノン・ミラー(Olympic champion gymnast Shannon Miller)は、彼女がまれな形の卵巣癌にかかっていたことを発見した2年後に、2番目の子どもを期待していると報告した。

ミラーはこの夏予定している。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

さらに、彼女と夫ジョン・ファルコネティ(John Falconetti)には、3歳の息子ロッコ(Rocco)がいる。

米国史で最も飾り立てた体操選手は、医者が2010年の終わりに、卵巣癌の一種である生殖細胞悪性腫瘍(germ cell malignancy, a form of ovarian cancer)を発見した時、彼女は再び妊娠することを望んでいた。

生殖細胞悪性腫瘍は、ほとんどの人々が30歳未満のティーンエイジャーと女性に一般に生じて、卵巣癌と見なされるものと同じではない。

しかし、その結果はまったく、同じくらい恐ろしくなりえる。

腫瘍を備えた卵巣は2011年1月に削除されました。
また、ミラーは次に9週間の化学療法をした。

彼女は、今癌がないと言っている。

ミラーは世界総合チャンピオンに2度なった。
彼女は世界選手権で9個、オリンピックで7個のメダルを獲得した。

彼女の成功を祈る!

世の中には、いろいろな奇跡と、新しい技術が開発されている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。