2013-01-14

裁判官クラレンス・トーマスは7年ぶりに話した。

AP通信は、裁判官クラレンス・トーマス(Justice Clarence Thomas)は月曜日にほぼ7年ぶりに初めて最高裁判所議論(upreme Court argument)で何かをした。
彼は話した。

しかし、彼がアイビーリーグ弁護士(Ivy League lawyers)に関して冗談を言ったように見える以外で、トマスが言ったことは明らかではなかった。

議論記録は単に短い言葉を記録した。

それは、トマスが「よく、彼はしませんでした...」と言ったと伝えた。

数人の裁判官は反応して笑った。

ルイジアナの弁護士カーラ・シグラー(Louisiana lawyer Carla Sigler)は、
「私はそれに反駁しましょう。裁判官トマス。」と返事した。
法廷の2人の弁護士が、トマスがアイビーリーグ・ロースクールに関して冗談を言っていたと言い、それがトマスの母校、イェールおよび他方を犠牲にしてあると一人は言いましたが、次第に変化する、ライバル・ハーバードが冗談の残部であると言った。

裁判官クラレンス・トーマス、2006年2月22日以来ずっと法廷中の質問をしていない。

それで裁判が成立するのか?