2013-01-15

コカ・コーラはテレビ広告で、肥満は良くないと言った。

美容と医学の科学

BBC Newsは、炭酸飲料巨人コカ・コーラ(Coca-Cola)は初めてテレビ広告で、肥満について明らかにしたと報告した。

2分のコマーシャルは、低カロリーの飲料を作る会社のレコードを強調し、食糧がすべてカロリーを含むことを見る人に思い出させた。

月曜日に米国ケーブル・ネットワーク上で放映した広告は、ドリンクス産業に対する増大する圧力に続いた。

ニューヨーク市は、レストラン、映画および競技場の大きな砂糖入りの飲料を禁止する準備をしている。

コカ・コーラは、清涼飲料業界の批判に応じてビデオが作られなかったと言いったが、注意を喚起する努力であった。

この問題を扱うためにアトランタの会社が広告を使用した初めてのことではない。
しかし、それはテレビでは初めてであった。

コカ・コーラ北アメリカ用飲料をきらめかす部長スチュアート・コロナージ(Stuart Kronauge, general manager of sparkling beverages for Coca-Cola North America)が、AP通信社に、
「重要な会話が、肥満について言い続けている。また、私たちは会話の一部になりたい。」と言っている。

つまり、非難される側ではなく、非難する側になりたい?

広告で、女性のナレーターは、コカ・コーラがより小さなポーション・サイズを提示すると言い、よい味わうことを作るために働いている。低カロリーの甘味料、またより低いカロリーの飲料を任意に学校で利用可能にした。

ビデオは次のように付け加える。
「すべてのカロリー計算は、それらが問題ではない。」
次ぎに、
「あなたが燃え尽きるより多くのカロリーを食べて飲めば、あなたの体重は増えるでしょう。」と言った。

今週末に放映する別の広告は、Cokeの缶で「幸せな140カロリー」を焼き払うことになる特徴活動。

努力を主張している。

しかし、公益科学センターの重役マイク・ジャコブソン(Mike Jacobson, executive director for the Center for Science in the Public Interest)は、もし会社が肥満に取り組むことに関して真剣ならば、それがその飲料に対する税金と戦うことをやめるだろうと言った。

「それはダメージ・コントロール101からのページのように見えます。」と彼が言いました。
「それらは、公を武装解除しようとしています。」と彼が言いました。
産業追跡道具飲料ダイジェスト(Industry tracker Beverage Digest)は、米国の炭酸飲料の消費が1998年以来しっかりと傾いていると報告した。

2012-05-31---ブルンバーグ市長とビッグ・サイズ・ソーダの戦争勃発!
2012-05-24---自炊すると寿命が延び、外食すると寿命が---
2012-05-19---ダイエットしないと罰を与えるアプリ登場!
2012-05-11---睡眠不足は肥満のもと!?
2012-03-28---癌の半数は生活習慣の改善で予防可能?
2012-03-22---肥満は、脳を衰退し、65歳以上の3人に1人は痴呆で死ぬ。
2012-02-08---超高カロリー料理研究家の糖尿病隠し!
2012-02-08---大食いの友人が、健康にもっとも危険!
2012-01-06---人間にとって、ビール腹はもっとも不幸!
2012-01-04---デブから稼ぐ!現代ビジネスの現場。
2011-12-20---食事が少ないと、脳を若く保つ!?
2011-11-01---インドで急増している太鼓腹の太りすぎ!
2011-09-07---危険な調査結果!マリファナ常用者は、肥満になりにくい!?
2011-08-25---米国で2030年までに、 1億6,400万人がデブ!
2011-08-16---テレビはゆっくり、あなたを殺している!?
2011-07-10---なぜ、アメリカ人は早死にか?
2010-10-26---あまりに早すぎる思春の少女は、肥満になる?
2010-04-06---「でぶ」遺伝子との戦い方!
2010-01-25---日本はジャンクフード広告規制後進国。