2013-01-15

NASAとNOAAは2012年の地球温度(気候条件1月15日)を発表。

NASAは2013年01月14日に、米国政府気候エキスパート(U.S. government climate experts)は、2013年01月15日火曜日の午後2時ESTのニュース・テレビ会議中に2012年の地球温度条件上の新しいデータを発表すると予告した。

NASAとNOAAの科学者はニュース・テレビ会議で、新しい結果およびその年のほとんどの悪天候と気候の出来事について議論する。

NASAとNOAAは、各々独立して、地面と海洋上の歴史的観察に基づいた地表温度と変更のレコードを生産している。

他の国々は、それらの正確さに対する増加確信によって作られたものと一緒に、2つの分析の一致する。

これらの分析は政府、ビジネスおよびコミュニティー・リーダーに重大なデータを提供する。
また、作るべき情報に基づいた決定を通知した。

NASAとNOAA 2012地球温度分析(The NASA and NOAA 2012 global temperature analyses)は、テレビ会議のスタートの1時間前に新聞発表で公開される。

テレビ会議の参加者は、
-- James E. Hansen, director, NASA's Goddard Institute for Space Studies, New York
-- Thomas R. Karl, director, NOAA's National Climatic Data Center, Asheville, N.C.