on-the-time.jp

2013年01月13日

フランス人は、同性愛者による結婚抗議でエッフェル塔に集まった。

AP通信とBBC Newsは、高く古代のフラグの元、幼い子どもを保持して、同性愛者による結婚を合法化し、かつ同性カップルが子どもを養子にし、妊娠することを可能にするフランスの大統領の計画に抗議するために、何十万もの人々が、日曜日にエッフェル塔に集まったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フランソワ・オランド大統領(President Francois Hollande)の計画への反対は、世俗的で、特により従来の田園地帯対都市の飛び地に多いカトリックのフランス人の間で不和を強調した。

しかし、世論調査は大多数のフランス人は同性愛者による結婚を合法化することを支援していることを示しているが、子どもが活動し始める場合、後退し、それはより複雑になる。

抗議者は、都市の至る所で大通りを満たして、パリを横切って3ポイントで始められた抗議行進は、フランスの最も認識しうる記念碑のグラウンドへ6km(3マイル)行進した。

パリの警察は、1984年の教育抗議以来、パリで最大のデモンストレーションになって、群衆を340,000と見積もった。

遠い東フランスから300人とバスで来ていた文学教師Philippe Javaloyesは、
「この法律は私たちが望まない文明の変更に結びつくでしょう。」
「私たちは異なる生活様式に対して何も持っていません。しかし、私たちは、子どもは母親と父親と成長しなければならないと思います。」と言っている。

宗教指導者が先頭に立った公の反対は、最近の数か月にオランドの計画の人気をなし崩しにした。

日曜日に公表された調査によって、同性愛者による結婚を合法化するフランスの好意的な人は、8月の65%から約52%まで下降して、と同じくらいの高さになった。
1999年以降許されたフランスの市民の組合は、同性愛者とレスビアンのカップルの間で、同じくらい、異性愛者に少なくとも人気がある。

しかし、その法律は、採用または介助出産に対する準備をしていない。
それは最新の討論の中心になった。

オランドの社会党は、最新の提案にそれを含むことについて分割された党員の後に3月にそれを検査すると約束して、介助出産についての討論を避けた。

しかし、それは、日曜の抗議で多数の関係を緩和しないで、彼らはそれが時間の問題だけであるのではないかと心配している。

フランスの同性愛のコメディ映画は大好きだがな〜

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。