on-the-time.jp

2013年01月14日

菜食主義は、新種の病気!?

美容と医学の科学

BBC Newsは、エミリア・ロマーニャ(Emilia Romagna)は素晴らしい調製食料品として有名なイタリア北部の地域で、そこでは肉料理を避けることを特に挑戦的にすることができると報告した。

その町のニックネームは「Bologna la grassa(太ったボローニャ)」と呼ばれている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

その地方のダイエットは、チキン・ティッカ・マサラ(chicken tikka masala)と同じくらい地中海風で、ボローニャとしてどこかほかで知られているソーセージとしてモルタデラ(mortadella)があり、それは、American baloneyの先祖である。

イギリスでボローニャ風として知られているパスタ・ソースで、世界的に有名な「ragu」がある。

これは肉が最高であると判決を下す都市である。

しかし、実際にエミリア・ロマーニャの内陸の部分全体が、「Emilia la grassa」とあだ名をつけることができた場合、ボローニャを選抜することは公平ではない。

1時間遠方には、パルマ・ハムのホームであるパルマ(Parma)がある。

ちょうど20分で、豚肉のスペシャリティで有名なモデナ(Modena)もある。

そこは恐らく、世界中で中央広場で食用豚の銅像を誇っているのを見つけるただ一つの地域である。

ユニフィケーションの守護聖人とヒーローを忘れ、まるまる太った豚が王である。

多くの観光客にとって、肉のような専門はアトラクションである。
しかし、調理用の展望から、私は、より悪い場所を住むのに選ぶことができなかった。

なぜなら、このレポートをしたダニー・ミッツマン(Dany Mitzman )は、肉を食べないといっている。

また、高コレステロールがDNAにあり、豚肉scratchingsが素晴らしい豚肉屋と考えられる場合、地元住民にとって、これが理解を超えていたと言っている。

ただし、豚のスペシャルな地域を捜しているものにとって、それはパリのレストランより、素晴らしい。

そういえば、私の友人で調理師のドイツ人が、もし1頭の豚が有れば、血の一滴も残さないで、すべてを食べられるように調理できると言っていた。

しかし、このような豚の最高のものがすべてが整った地域で、豚を食べない人は、新種の病気と思われることもうなずける。

私のような食いしん坊は、博物館や美術館、旧所銘跡を探す前に、そこは何が旨いか、どの店が最高かを探すことにしている。

そして、食の規制をすべて取り払う!
旨いものは、規制してはいけない。
すべての五感をとぎすまさなければ、無駄使いになる。

ただし、絶対に食べ過ぎないことである。

エミリア・ロマーニャ(Emilia Romagna)のGoogle Earthポインター情報
44°35'48.34"N,11°13'7.10"E
または、
44.596761, 11.218639

パルマ(Parma)のGoogle Earthポインター情報
44°48'5.35"N,10°19'40.46"E
または、
44.801486, 10.327906

モデナ(Modena)のGoogle Earthポインター情報
44°38'55.81"N,10°55'12.31"E
または、
44.648836, 10.920086

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト