2013年01月13日

北京、スモッグ・チャートが限界を超え、移住者に警告!

美容と医学の科学

AP通信は、北京の学校は子供に外出を禁止した。
また、最悪の事態を、政府が空気品質データについてより隠しだてしなかったので、中国の首都でスモッグにより、週末に続いて、病院を訪れる人が月曜日に急増したと報告した。

昨年の初め最悪の種類の汚染物質のうちのいくつかに関する数値を発表し始めた北京の都市当局は、放出を元の通り縮小するように多くの工場に命じて、都市に垂れ下がる有害なもやを悪化させるほこりと汚れを突き固めようとするために建築現場で水をスプレーしていた。

このスパイクが、フェースマスクと空気浄化装置のためにつけられた要求、および病院は、呼吸障害のために支援を求める居住者で30%以内の急上昇を見た、と国営の発信元が報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

いくつかの地区の学校は、国旗掲揚のようなイベント活動を取り消すことを命じられ、クラスを誇示した。
また、異常な公示として、北京の当局は、「それらの健康を保護する手段を取る」ように全居住者に助言した。

北京の居住者は、午前散歩で、
「それは実際に恐ろしい。」
「私は非常に気が動転しています。しかし、私ができることは何も実際に非常にありません」と言っている。

60歳の退職者は、汚染を回避する都市の外側の家族と一緒にいようと、彼の初老の親類が動きだしたと言った。

「私はかなり調子が良い。しかし、高齢の人々は、心臓、呼吸および高血圧に関する多くの問題を持っています。」と言っている。

北京の政府が、一般市民の抗議に続き、数値を公に発表し始めたので、週末にわたるPM2.5粒子汚染のレベルは最高水準に達した。

米国大使館による個別のモニタリングの中で、レベル、ラベルが「インデックスを越えて」それに付けられたというリーダーは1立方m当たり886マイクログラムであった。

月曜日までに下降して、レベルは北京政府規模で約350マイクログラムまで低下した。
しかし、まだWHO(World Health Organization/世界保健機構)によって安全であると考えられる25レベル以上であった。

サイズで、PM2.5、あるいは1/30thに関する2.5マイクロメートル未満の小さな粒子状物質で、それらは、肺に深く入り込むことができる。
また、それらの測定は他の方法より空気品質の正確な現れと考えられている。

北京世纪坛医院(北京世紀壇病院/Beijing Shijitan Hospital)のDr. Huang Aibenは、呼吸健康部で通常のより患者20%多く診察したと言っている。
また、ほとんどの患者は咳、および慢性気管支炎、喘息および他の呼吸器疾患の求められた治療法だったと伝えた。

「これらの異物が比較的素晴らしいので、それらは、直接肺の小さな空気袋に吸収することができる。」
「細塵を閉鎖する気道の能力は比較的弱い。したがって、ほこりによって運ばれたバクテリアとウィルスは直接気道に入ることができます。」とDr. Huang Aibenが言った。

さらに、短期にわたる汚染のそのようなハイ・レベルへの接触がバクテリアおよびウイルス感染を引き起こす場合があると言った。
また、長期被曝は腫瘍に帰着するかもしれない。

北京の空気は木曜日に悪化し始めた。
また、北京のモニタリング・センターは、汚染が火曜日までとどまると予想されたと言った。

風の不足が、汚染物質が容易に蓄積する場合があり消えることができないことを意味するので、天候は要因である、と北京大学の保健学の教授パーン・カオ・チャン(Pan Xiao Chuan, a professor at Peking University's public health department.)が言った。

冗談じゃない、風で飛ばされれば、それは風下の韓国や日本に飛来するだけであり、自己責任を他人に転嫁することになる。

「最近の汚染は、増加が汚染物質の解除にあることを意味しません。」と彼が言った。

しかし、一番汚染が少ない日本製の車を壊し、大気汚染の中でたばこを吸い、深呼吸している中国の若者の写真が公開され、さらに国民を守れない政府を非難するアーティストも登場している。

2013-01-12---北京の大気汚染が急上昇し、猛毒で覆われた!
2012-12-20---中国の石炭消費量、2014年に世界の50%以上占める。
2012-11-22---クリーンエネルギー・コミットメントをむしばむ、石炭の再起。
2012-10-10---米国の研究者は大衆のレベルに炭素放射を写像。
2012-08-02---ほこりは、北米への外国エアゾール侵入を支配。
2012-03-25---地球の気温は、2050年までに3C上昇するかもしれない。
2012-01-21---北京が大気汚染データを発表し始めた。
2012-01-12---健康と食糧安全の利点を変更できる気象環境。
2011-12-05---中国の首都が濃厚なスモッグで、北京空港が何100フライト中止!
2011-11-15---中国の電力不足深刻、電気料金引き上げ不可避か!?
2011-09-26---デリー・メトロは、国連からのカーボン・クレジットを得た。
2011-09-21---中国が適用する火力発電所の排出新基準。
2008-09-23---買い手にとって、重要な環境優しい車(EnviroFriendly Cars)。
2008-08-05---フランダースの研究所、北京の大気汚染モデル開発!
2008-05-07---航空サービスと環境問題
2007-12-27---だれが、無責任な自動車の放出を規制すべきか!
2006-11-13---2025年までに米国で25%の電気や自動車を再生可能資源燃料に置換。
1971-10-03---日本初のノーカー・デーが実施された。
1970-09-22---大気汚染防止法「マスキー法案」が上院で可決された。
1967-09-01---「四日市ぜんそく」訴訟を起こした。
1962-05-23---公害白書が初めて発表された。

北京の米国大使館のGoogle Earthポインター情報
39°57'14.22"N,116°27'55.29"E
または、
39.953950, 116.465358

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。