2013年01月13日

有力なイスラエルのラビは病院から退院した。

AP通信は、イスラエルの宗派は、緩和して、その強力な精神的指導者が小さなストロークの後に病院から退院したと言い、彼の健康に関係がある、党の2013年01月22日の選挙に先立つ財産に影響するかもしれないと言っている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

超正統派ユダヤ教のシャス党(ultra-Orthodox Shas party)のスポークスマンであるヤコブ・ベッツァレル(Yakov Betzalel)は、92歳のラビ・オバディア・ヨーセフ(Rabbi Ovadia Yosef/עובדיה יוסף/)が彼の家族と家にいて日曜の遅くに彼の毎日のルーチンを再開するだろう、と言った。

ラビ・オバディア・ヨーセフは、土曜日の午前祈願の間に倒れた後に病院に入院した。

イラクのバグダッドで1922年09月23日に生まれた宗教学者ラビ・オバディア・ヨーセフは、彼の党で最高の影響を保持している。
それは、議会の120議席のうちの10を保持し、中東の家柄のユダヤ人を表わしている。

党の外部で、ラビは、パレスチナ人、世俗的なユダヤ人、ホロコースト生存者およびゲイに関する扇動的な意見を述べて、彼の商標ターバンは、金刺繍のローブおよび色メガネで、論争の的になっている人物である。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。