2013-01-12

アルメニアへ飛ぶ飛行機の中で、赤ちゃんが生まれた!

AP通信は、アルメニアへ飛ぶ飛行機に乗った乗客から赤ちゃんが生まれ、出産を手伝ったフライト・アテンダントのうちの1人にちなんで彼女の娘を命名したと報告した。

健康な赤ん坊の誕生は、2013年01月12日土曜日にアルマビア航空(Armavia airline/Արմավիա» ավիաընկերություն» ՍՊԸ)のシベリアからの長距離飛行で、アルメニアの首都エレバン(Yerevan, Armenia's capital)に到着する2時間前に生まれた。

フライト・アテンダントのアシュミク・ガバディアン(Asmik Gevondyan)は、31歳の乗客アルミナ・ババヤン(Armina Babayan)が苦しんでいるように見えて、産気づいたことに彼女が気づいたと言った。

アシュミク・ガバディアンは、AP通信社に「私たちの乗組員はすべて、赤ちゃんの出産を支援しました。」と言った。

アルミナ・ババヤンは、チェックインのときに、6.5カ月であると申請した。
彼女の子どもをアシュミク(Asmik)と命名した、と地方テレビ放送が報告した。

普通は、飛行機に乗れないはずである。

話題性はあるが、非常に危険である。