gaYa広告

2013年01月12日

アルメニアへ飛ぶ飛行機の中で、赤ちゃんが生まれた!

AP通信は、アルメニアへ飛ぶ飛行機に乗った乗客から赤ちゃんが生まれ、出産を手伝ったフライト・アテンダントのうちの1人にちなんで彼女の娘を命名したと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

健康な赤ん坊の誕生は、2013年01月12日土曜日にアルマビア航空(Armavia airline/Արմավիա» ավիաընկերություն» ՍՊԸ)のシベリアからの長距離飛行で、アルメニアの首都エレバン(Yerevan, Armenia's capital)に到着する2時間前に生まれた。

フライト・アテンダントのアシュミク・ガバディアン(Asmik Gevondyan)は、31歳の乗客アルミナ・ババヤン(Armina Babayan)が苦しんでいるように見えて、産気づいたことに彼女が気づいたと言った。

アシュミク・ガバディアンは、AP通信社に「私たちの乗組員はすべて、赤ちゃんの出産を支援しました。」と言った。

アルミナ・ババヤンは、チェックインのときに、6.5カ月であると申請した。
彼女の子どもをアシュミク(Asmik)と命名した、と地方テレビ放送が報告した。

普通は、飛行機に乗れないはずである。

話題性はあるが、非常に危険である。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。