gaYa広告

2013年01月12日

アルメニアへ飛ぶ飛行機の中で、赤ちゃんが生まれた!

AP通信は、アルメニアへ飛ぶ飛行機に乗った乗客から赤ちゃんが生まれ、出産を手伝ったフライト・アテンダントのうちの1人にちなんで彼女の娘を命名したと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

健康な赤ん坊の誕生は、2013年01月12日土曜日にアルマビア航空(Armavia airline/Արմավիա» ավիաընկերություն» ՍՊԸ)のシベリアからの長距離飛行で、アルメニアの首都エレバン(Yerevan, Armenia's capital)に到着する2時間前に生まれた。

フライト・アテンダントのアシュミク・ガバディアン(Asmik Gevondyan)は、31歳の乗客アルミナ・ババヤン(Armina Babayan)が苦しんでいるように見えて、産気づいたことに彼女が気づいたと言った。

アシュミク・ガバディアンは、AP通信社に「私たちの乗組員はすべて、赤ちゃんの出産を支援しました。」と言った。

アルミナ・ババヤンは、チェックインのときに、6.5カ月であると申請した。
彼女の子どもをアシュミク(Asmik)と命名した、と地方テレビ放送が報告した。

普通は、飛行機に乗れないはずである。

話題性はあるが、非常に危険である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。