gaYa広告

2013年01月12日

北京の大気汚染が急上昇し、猛毒で覆われた!

美容と医学の科学

BBC Newsは、中国の首都北京の大気汚染は、人間の健康に危険なものとして判断されるレベルに達したと報告した。

非公式の2カ所の監視所の職員は、WHO(World Health Organization世界保健機構)によって概説された危険レベルを過ぎて、2013年01月12日土曜の汚染が急上昇したことを示唆した。

BBCの調査班は、石炭の煤煙と自動車の廃棄ガスが、主な汚染源のうちの2つはであると言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

経済成長は、多くの都市で空気の質の管理で貧弱さが露見し、悪評を高した。

BBCのデーミアン・グラマティクス(Damian Grammaticas)は、多くの重いスモッグは首都の北京を窒息させた、と言った。

土曜の午後まで、それが非常に厚かったので、灰色の消える高層ビルと共に、都市の中心でわずか数100m先を見ることができなかった、と言った。

以前、日本でスモッグが猛威を振るったとき、多くの不思議な病気が発生したことから、それが起こったときより、その後の方が恐ろしい。

彼は、屋内でさえ、大気はかすんだように見えた、と言った。

もう、逃げ場所がない!

WHOのガイドラインは、PM2.5と呼ばれる最も小さな汚染粒子(tiniest pollution particles)が、平均集中が1立方m当たり高々25マイクロgであるべきと言っている。

空気は100マイクロg以上で不健康になる。

300マイクロgで、子どもと高齢者はみな屋内で待避すべきである。

土曜日の公式な北京の数値は、400マイクロg以上の汚染度を示唆した。

もう、完全に、北京を毒が覆ったことになり、米国大使館でのモニターからの非公式の数値は800マイクロgを記録した。

一旦それを吸入したならば、微粒子は、肺癌と心臓病の死亡率を増加させ、同様に呼吸器感染を引き起こす場合がある。

昨年、馬鹿な中国の政府当局は、そのデータを公表しないように米国大使館に警告した。
中国共産党は、自国の国民に健康も提供しないで、隠すのか?

中国は、もっとも健康的な日本の車を壊し、気勢を上げているが、自分を殺そうとしていることに気が付いていない。
なぜ、トヨタやホンダが売れるかを知らない中国人は、自殺行為で日本の車を壊している。

かし、大使館は、測定が大使館員のためにあり、街全体ではなかった、と言った。

もちろん、大使館は、どこでも大使館員の健康を気にする義務がある。
国家は、国民の健康を気にする義務がある。

2012-12-20---中国の石炭消費量、2014年に世界の50%以上占める。
2012-11-22---クリーンエネルギー・コミットメントをむしばむ、石炭の再起。
2012-10-10---米国の研究者は大衆のレベルに炭素放射を写像。
2012-08-02---ほこりは、北米への外国エアゾール侵入を支配。
2012-03-25---地球の気温は、2050年までに3C上昇するかもしれない。
2012-01-21---北京が大気汚染データを発表し始めた。
2012-01-12---健康と食糧安全の利点を変更できる気象環境。
2011-12-05---中国の首都が濃厚なスモッグで、北京空港が何100フライト中止!
2011-11-15---中国の電力不足深刻、電気料金引き上げ不可避か!?
2011-09-26---デリー・メトロは、国連からのカーボン・クレジットを得た。
2011-09-21---中国が適用する火力発電所の排出新基準。
2008-09-23---買い手にとって、重要な環境優しい車(EnviroFriendly Cars)。
2008-08-05---フランダースの研究所、北京の大気汚染モデル開発!
2008-05-07---航空サービスと環境問題
2007-12-27---だれが、無責任な自動車の放出を規制すべきか!
2006-11-13---2025年までに米国で25%の電気や自動車を再生可能資源燃料に置換。
1971-10-03---日本初のノーカー・デーが実施された。
1970-09-22---大気汚染防止法「マスキー法案」が上院で可決された。
1967-09-01---「四日市ぜんそく」訴訟を起こした。
1962-05-23---公害白書が初めて発表された。

北京の米国大使館のGoogle Earthポインター情報
39°57'14.22"N,116°27'55.29"E
または、
39.953950, 116.465358

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告