on-the-time.jp

2013年01月08日

JALのボーイング・ドリームライナーから出火!

BBC Newsは、JAL(Japan Airlines日本航空)の東京からのボーイング787ドリームライナー(Boeing 787 Dreamliners)がボストンに到着した直後、出火したと報告した。

ジェットの補助電源システムのバッテリー(jet's auxiliary power system)の過熱後に、火事が起こされた。

航空会社は、既に上陸していたので、乗客または乗組員が怪我はしなかったと言った。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

これは生産遅れと、いくつかの技術的問題の後に、ドリームライナーにとって最新の後退になった。

日本航空のスポークスウーマンがいったキャロル・アンダーソン(Carol Anderson a spokeswoman for Japan Airlines)は、「煙は、キャビンの後部中の保全要員によって最初に発見され、さらにもう一人の保全要員によって、航空機の外側の煙を検知して、確認された。」と言った。

ボーイングのスポークスマンであるダグ・アルダー( Doug Alder, a spokesman for Boeing)は、航空機製造担当者。」が「状況に気づいており」、「今ちょうどそれに関してもっと理解するために、それは航空会社と協力していた、と言ったとAFP通信社が報告している。

米国国家輸送安全委員会は火の調査を開始したとTwitterで言った。

ボーイングは、調査を支援しており、さらにコメントすることができない、と言った。

昨年、ユナイテッド航空(United Airlines)のフライトは、電気的な問題により緊急着陸をすることを強いられた。

12月には、いくつかの生産欠点が結合した飛行機に影響したものに似ている電気的な問題を引き起こした後、カタール航空(Qatar Airways)は、その787ドリームライナーのうちの1機をアースした。

カタール航空のアクバル・アル・ベイカー最高経営責任者(Chief executive Akbar Al Baker)はBBCに、「私たちがたった今に、それを空輸することができない過去5日の間に配達された航空機を持つことで失望した。」とその時の伝えた。

ボーイングの災難を増すために、US FAA(US Federal Aviation Administration/米国連邦航空庁)は、ドリームライナーの中で、燃料パイプ・カップリングのエラーを識別したと、会議で12月に言った。

これはすぐに、完全なリコールをすべきだろう。
これらのエラーが熱いエンジン部品上へ漏れる燃料に帰着し、火事を起こすかもしれないか、エンジン故障を引き起こすかもしれない、単に飛行機が燃料を使い果たすのを見る場合がある、と警告した。

こんな怖い飛行機をリコールしないで、飛ばしている!?

アナリストは、日本航空の飛行中の最新の出来事がボーイングへの大きな打撃であると言った。

今回は地上であったが、飛行中だったら大事故になっていた。

ボーイング787ドリームライナーのパイロットとその他の搭乗員は、かなり危険な業務になる。
ボーイングがリコールしないのであれば、全機返品すべきである。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。