gaYa広告

2013年01月08日

日系企業のベトナム投資が拡大!

新華社は中国商務部からの情報として、ベトナム関連部門の統計で日本企業の2012年対ベトナム直接投資額がUS$51億3000万(約4520億円)に上り、2012年の対ベトナム直接投資全体の約40%を占めたことが分かったと報告した。
在ホーチミン日本国総領事館の日田春光総領事は最近、ベトナムの地方投資促進会の席上、日系企業による対ベトナム投資の拡大が続くという見方を示した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日田総領事によると、継続的な円安と労働力不足、人件費の上昇や自然災害などの影響を受け、対外投資に踏み切る日本企業が相次ぎ、ベトナム、インド ネシア、タイなどが主な投資先になりつつある。
ベトナムは投資環境を改善してこのビジネスチャンスをしっかりとつかむ必要がある。

また、日本貿易振興機構(JETRO)ホーチミン事務所の責任者によると、日本企業の対ベトナム投資の意向は生産分野の周辺産業やサービス業が中心となってきた。
輸出加工業に代わり、ベトナムやアセアン市場の需要を満たそうとする傾向が強いといっている。

いよいよ日系企業のキャラバン資本主義ビジネスが急増している。

中国への一極集中は危険すぎる。
ベトナムのインフラ開発はそれほど困難ではなく、さらにその後ろにカンボジア、ラオスがあり、さらにタイ、ミャンマーへと続けることも可能で、事業拡大はそれほど困難ではない。

つまり、中国のシルクロードか、海のシルクロードか?
両方の開発が、これからは、必要になる。

中国で問題になれば、中国のシルクロードを一時休止し、海のシルクロード開発に精力を傾ける!

つまり、日本人は、らくだになったり、南海遠征の指揮者として有名な鄭和になったり、変幻自在であるべきと言える。
今は、鄭和が初の南洋遠征へ出発したときとも言える。

総合すると、中国より有利である。
また、それぞれの国で部品分散すれば、コピー商品のセキュリティも可能になる。
さらに、中国、10年以内に世界の工場としての地位を失うと言う予測があり、必要なのはマーケットだけになる。

ただし、ベトナムをはじめ、頭の良い人が多い!
十分に注意しないと大変なことになる。

先日もベトナムのホーチミン市の大学街にある喫茶店に入ったら、可愛い女学生が日本語を勉強していた。
すぐ仲良くなった!
大好き!

2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?
2013-01-01---どこまで続く、中国の最低賃金を引き上げ!
2012-12-04---日系企業の「チャイナ・プラスワン」戦略?
2012-11-30---中日韓FTA構想は自然な流れ、それを壊すのは、何か?
2012-11-28---中国、10年以内に世界の工場としての地位を失う!
1958-07-25---JETRO設立。
1435-06-29---南海遠征の指揮者として有名な鄭和が死去した。
1405-07-11---鄭和が初の南洋遠征へ出発した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告